5代目 三遊亭円楽に関するニュース

笑点、「座布団利権」に群がる落語家

NewsCafe / 2015年08月16日16時00分

「その理由は2006年から5代目司会者を務めてきた桂歌丸(78)の体調問題です」と語るのはスポーツ紙デスク。 腸閉塞で療養していた歌丸は先日、高座と「笑点」の収録にも復帰したばかりだが…。 「歌丸の体調は一進一退で、このまま司会を続けるのは無理です。だから、次期司会者の座を狙い、落語家たちが裏で根回し合戦ですよ。誰もが『座布団利権』を我がものにしたくてし [全文を読む]

『笑点』跡目争い 本命=円楽、対抗=小遊三、大穴=立川流

NEWSポストセブン / 2015年08月10日07時00分

その理由は2006年から5代目司会者として番組の“顔”を務めてきた桂歌丸(78)の体調問題だ。 今年6月、歌丸は背部褥瘡(床ずれ)で入院。手術は成功して退院したのも束の間、すぐに腸閉塞のため再入院した。昨年も慢性閉塞性肺疾患と肋骨骨折、帯状疱疹などで入退院を繰り返していたこともあり、周囲は不安を募らせていた。8月8日には番組収録に復帰し、11日には東京・国 [全文を読む]

人気の笑点、舞台裏を明かす…

NewsCafe / 2016年06月24日11時08分

5代目司会を務めた桂歌丸(79)が勇退し、6代目司会に春風亭昇太(56)が昇格してからも『笑点』(日本テレビ系)は好調みたいね」 記者「売りの大喜利のおかげで視聴率も好調のようですが、周辺を探るとことはそう単純ではないようです」 デスク「新司会者になれなかった三遊亭円楽(66)の不倫トラブルが尾を引いてるとか?」 記者「いや、その手の話じゃなくて、ちょっと [全文を読む]

笑点の新司会者は春風亭昇太!ファンは複雑な心境か

しらべぇ / 2016年05月23日05時30分

師匠の5代目春風亭柳昇の弟子として新作落語などで力を発揮していたことなどが認められての抜擢となった。メンバー入り当初は持ちネタがなく苦しんでいたが、独身や滑舌の悪さをネタにして徐々にうちとけ、現在はなくてはならない存在に。回答者として出演し続けてきたこともあって、今回の人事に関してはネットでも肯定的な意見が目立っている。いや、年齢も番組歴も短い昇太師匠を司 [全文を読む]

『笑点』メンバーに選ばれた落語家は地方営業でギャラ高騰の利権

NEWSポストセブン / 2015年08月12日07時00分

その理由は2006年から5代目司会者として番組の“顔”を務めてきた桂歌丸(78)の体調問題だ。 複数の落語関係者は“座布団利権”の存在を指摘する。ベテラン放送作家がいう。 「大喜利メンバーになれば、年収が数千万円になるのは落語界では知られた話。番組出演のギャラは大した額じゃないけど、『笑点』に出れば全国区の有名人になり、地方営業に引っ張りだこ。 メンバーで [全文を読む]

フォーカス