2月2日 後藤健二に関するニュース

世耕氏「3回止めた」発言 ネットの自己責任論を煽り立てた

NEWSポストセブン / 2015年02月09日07時00分

2月2日夜、安倍晋三首相側近の世耕弘成・官房副長官がBSフジの番組に出演。「自己責任論の立場には立たない。後藤さんを守れなかったのは政府の責任だ」といいながらも、後藤氏がシリアへ出発する前、外務省が3回にわたって渡航を止めていたことを初めて明かした。 安倍政権の広報宣伝戦略を担う世耕氏が、人質死亡が明らかになった途端に「外務省が渡航を止めていた」と言及した [全文を読む]

<今、メデイアがすべき大事な仕事>安倍首相の中東訪問はどのような政府の戦略のもとで実行されたのか?

メディアゴン / 2015年02月05日02時35分

2月2日のNHK総合テレビ『時論公論スペシャル』の中で、出川展恒解説委員(中東担当)はこう言い切りました。 「私はこれは不用意な発言だったと思います。人道支援であることだけを強調すべきでした。表現の問題ですね。また事件が発覚した後過激派が敵視しているイスラエルの訪問でイスラエルの国旗の前でテロとの戦いを強調したこと。あるいはアメリカやイギリスなどイスラム国 [全文を読む]

イスラム国の人質殺害 安倍政権の対応はあまりに冷淡だった

NEWSポストセブン / 2015年03月12日16時00分

さらに、菅義偉官房長官に至っては、二人が殺害されたあとの2月2日の会見で、政府としては身代金を用意せず、イスラム国側と交渉するつもりはなかったと述べている。 人質の救出を願っていた国民を愚弄するような発言で、彼らは国内ではなく、アメリカに向かって、「言いつけを守りました」とアピールしているのだ。ろくに交渉などしていなかったのは明らかだろう。 1999年にキ [全文を読む]

安倍首相、人質の事実把握し危険にさらす行動連発 外務省は重要情報提供を無視

Business Journal / 2015年02月17日06時00分

●憲法を殺す安倍首相 こうした中で2月2日、秘密保護法違憲・横浜訴訟の第2回口頭弁論が横浜地方裁判所で行われた。この裁判は、神奈川県内の市民13人が同法の違憲確認と損害賠償などを求めて昨年7月に提訴したものだ。 [全文を読む]

ヨルダン日本人会 特命大使の「日本人価格UP」発言に耳疑う

NEWSポストセブン / 2015年02月09日16時00分

イスラム国がジャーナリスト・後藤健二氏殺害を発表した翌日(2月2日)、ヨルダンの日本人会幹部たちは、櫻井修一・特命全権大使の言葉に耳を疑った。 「今回の件で日本人の価格が吊り上がった」 防衛省出身の櫻井大使は日本人がテロリストに狙われる危険が高まったことをそう表現したという。在ヨルダン日本大使館が現地の大手商社、メーカーなどの駐在員代表約20人を集めて開い [全文を読む]

後藤さん妻に口止めして選挙、外務省の反対抑え中東歴訪...安倍官邸の人質見殺しが明らかに

リテラ / 2015年02月04日23時30分

たとえば、『報道ステーション』(テレ朝系)は2月2日の放映で、外務省は11月1日に、後藤さんがシリアで音信不通になったことを把握し、その翌日には外務省は後藤さんのガイドから聞き取りを行うなど、動いていたことを報じた。 ところが、同番組によれば、昨年12月2日、後藤さんの妻のところにイスラム国から届いた身代金の要求があった少し後、外務省は後藤さんの妻に、政 [全文を読む]

「未来世紀ジパング」が緊急生放送で“後藤メモ”公開

Smartザテレビジョン / 2015年02月02日18時55分

テレビ東京系ほかで放送中の「未来世紀ジパング~沸騰現場の経済学~」(毎週月曜夜10:00)が、本日2月2日(月)は当初の予定を変更し「緊急生放送!“後藤メモ”から徹底検証『イスラム国』」をテーマに放送することが決定した。 中東の過激派「イスラム国」を名乗る組織が日本人男性2人を拘束した事件を受けて、拘束されたフリージャーナリスト・後藤健二氏がテレビ東京関係 [全文を読む]

フォーカス