柏木陽介 ユニフォームに関するニュース

ユニフォームが破れチャンスをふいに…清武「ちょっと残念」

ゲキサカ / 2015年11月13日03時35分

前半23分、MF柏木陽介の縦パスをワンタッチではたいたMF清武弘嗣(ハノーファー)は素早く反転。FW金崎夢生のリターンを受け、ドリブルでPA内に進入しようとしたところで主審の笛が鳴った。ターンした場面で相手選手にユニフォームをつかまれ、ユニフォームが破れていたためだった。 新ユニフォームのお披露目となった一戦で起きた、まさかのアクシデント。すぐにスタッフが [全文を読む]

16年初戦に向けて日本代表メンバー発表、J所属選手コメント一覧

ゲキサカ / 2016年03月17日19時19分

W杯予選という大切な試合に勝利できるように頑張ります」 ●MF柏木陽介(浦和) 「日本代表に選んでいただき、大変光栄ですし、責任を感じています。ホームでの2試合なので、勝利が絶対だと思っていますし、結果で示していきたいと思います。埼スタで赤いユニフォームではなく、青いユニフォームを着て、プレーできるようにがんばりますので、応援よろしくお願いします」 ●FW [全文を読む]

浦和が新背番号発表!柏木が10、高木が13、武藤が9に変更…新ユニも発表

ゲキサカ / 2016年01月13日12時26分

選手の新背番号が発表され、MF柏木陽介が背番号10、FW高木俊幸が現役を引退した鈴木啓太氏が付けていた背番号13を引き継ぐ。FW武藤雄樹は19から9に変更となった。 湘南ベルマーレから加入するU-23日本代表MF遠藤航は6、京都サンガF.C.から加入のMF駒井善成が18を付ける。 16年シーズンの新ユニフォームも発表になり、エンブレムのストライプから着想し [全文を読む]

金崎が代表初ゴール!!ハリルJが雪辱果たし首位返り咲き

ゲキサカ / 2015年11月13日03時46分

中盤はMF長谷部誠とMF柏木陽介のダブルボランチで、トップ下にMF清武弘嗣。清武の先発はハリルジャパン初陣となった3月27日のチュニジア戦以来で、柏木は12年2月24日のアイスランド戦以来、約3年9か月ぶりの先発となった。前線は右に本田、左にFW武藤嘉紀。センターフォワードは約5年ぶりに代表復帰を果たした金崎で、代表戦先発は10年1月6日のアジア杯予選・イ [全文を読む]

浦和R・シルバ、一時は逆転となる2得点も「悲しいし心が痛い」

ゲキサカ / 2017年02月25日18時39分

さらに後半20分には「柏木(陽介)選手が裏に逃げる僕の動きに気付いてくれて、素晴らしいフィードを送ってくれた」とMF柏木陽介の正確なパスから最終ライン裏を突くと、ヘディングで合わせてネットを揺らし、一時は逆転となるゴールを記録した。 浦和でのリーグ戦初陣で2得点を奪ったものの、チームは終盤に2失点を喫して2-3の逆転負け。「自分の2つのゴールが勝利に導け [全文を読む]

香川、清武、槙野、柏木がデザインした限定シューズも販売!!「アディダス ブランドコアストア 広島」が11月にリニューアルオープン

ゲキサカ / 2016年10月19日18時10分

広島県のスポーツスピリットをサポートしたいという思いから広島で育ったDF槙野智章、MF柏木陽介の2人が日本代表の盟友でもあるMF香川真司、MF清武弘嗣に声をかけ、選手自身がクリエイターとなってデザインした記念モデルシューズを数量限定で販売するほか、広島県が誇る備後デニムを使用した特別ノベルティも数量限定で制作する。 槙野は「女性専用のランニングシューズが開 [全文を読む]

前半で交代の柏木、ボスニアの10番も「ナイスプレー」と認めた存在感

ゲキサカ / 2016年06月08日02時48分

[6.7 キリン杯決勝 日本1-2ボスニア・ヘルツェゴビナ 吹田S] ブルガリア戦に続いてボランチで先発したMF柏木陽介(浦和)は、1-1で折り返したハーフタイムにMF遠藤航と交代した。 「自分としては良かったと思っている。交代は戦術的な問題で、悪くて交代というのではないと思っている」。試合後にハリルホジッチ監督とは話していないようで、「評価がどうなのか分 [全文を読む]

カンボジアの選手たちがユニフォーム交換をしようと群がる…試合後の光景が温度差際立たせる

ゲキサカ / 2015年11月18日04時39分

同6分にMF柏木陽介のFKを岡崎と競り合ったDFのオウンゴールによって、ようやく1点を先制。さらに終了間際の45分に途中出場のFW本田圭佑がヘディングでゴールネットを揺らして2-0で勝利したが、辛勝という印象をぬぐえないまま、試合終了の時を迎えた。 試合後、「前半、なかなかうまくいかなかったが、我慢できたことが後半に繋がった」と必死に前を向いた岡崎の表情も [全文を読む]

【日本代表コラム】ポジティブな試合

超ワールドサッカー / 2015年11月13日12時10分

その替わりに、センターフォワード、トップ下、ボランチのセンターラインには、金崎夢生、清武弘嗣、柏木陽介の3選手が起用され、ハリルホジッチ体制下での初スタメンを飾った。▽金崎はボックス内で存在感を示し、チームにとって貴重な先制点を記録。その金崎と良い距離感を保っていた清武も、ボックス近辺に顔を出して攻撃のアクセントとなり、2点目に絡んだ。そして柏木は期待され [全文を読む]

埼スタ初見参の浦和DF橋本「ホンマもったいないことをした」

ゲキサカ / 2015年04月09日01時38分

しかし「アシストできる場面もあったのに、ホンマもったいないことをした」と振り返ったように、前半29分にはMF柏木陽介のパスから抜け出してFW石原直樹へラストパスを送ったが、得点を生み出すことはできなかった。 1点のビハインドを背負って後半を迎えると、浦和は徐々にリズムを生み出して北京国安ゴールに迫った。しかし、橋本は後半20分にピッチを後にすることとなった [全文を読む]

フォーカス