俳句 松尾芭蕉に関するニュース

【シゴトを知ろう】俳人 編

マイナビ進学U17 / 2017年01月16日12時01分

国語の授業で、俳句を作ったことがある人は多いと思います。その際に、五・七・五、合計17文字で、自分の思いを表現することの難しさ・おもしろさを感じた人もいることでしょう。俳句を作る人のことを「俳人」と呼びます。しかし、現代における俳人は、俳句を詠むことだけを仕事にしているわけではないそうです。この記事では、俳人の小澤實(おざわ・みのる)先生に、お仕事内容や魅 [全文を読む]

賞品総額31.4万円が当たる! 身近にある「数学」を使った川柳と俳句大募集!!応募締切:2012年2月29日(水)、3月14日(水)「数学の日」に優秀作品発表!

@Press / 2012年02月27日18時00分

財団法人 日本数学検定協会(本部=東京都台東区、理事長=清水 静海)では、「数」「算数」「数学」のイメージを詠みこんだ川柳と俳句を募集する「第一回 数学川柳&数学俳句」コンクールを開催しております。「数学川柳&数学俳句 作品大募集!」ページ http://www.su-gaku.net/events/senryu-haiku/■数学川柳とは学校では、理数系 [全文を読む]

「5・7・5」の俳句に隠されていた「白銀比」

プレジデントオンライン / 2017年05月04日11時15分

私が白銀比に関心を持ったそもそものきっかけは、中学2年のときに読んだ松尾芭蕉の俳句だ。芭蕉の「奥の細道」には、私の故郷である山形で詠んだ句がたくさんある。その中のひとつ、「閑さや岩にしみ入る蝉の声」は、立石寺に参詣した際に詠んだものだ。また、「雲の峯幾つ崩て月の山」は、私の家の近くにある月山を詠んだ句である。 中学2年生の私はこの2つの句を読んで、えも言わ [全文を読む]

【台北行き航空券プレゼント!】初海外にオススメしたい「台湾」の魅力

TABIZINE / 2015年09月22日16時00分

台北情景を詠んだ俳句を応募すると、なんと大賞は『台北―日本往復航空券』!応募するのはタダ!ぜひみなさんも台北に妄想旅行しながら俳句を詠んでみてくださいね。 ■松尾芭蕉の台北風景 内容:台北友町のサイトで紹介された旅行情報をお題とした未発表の俳句を募集します。俳句はフェイスブックの「いいね!」により投票を行います。「いいね!」を最も多く獲得した作品の応募者に [全文を読む]

今、ひそかなブーム!? 「おくのほそ道」を歩いて、俳句の魅力に迫る!

マイナビ進学U17 / 2016年08月04日12時01分

芸能人や文化人が俳句づくりに挑戦するテレビ番組「プレバト!!」が高校生の間でも大人気。そこで、俳句の祖・松尾芭蕉の紀行文『おくのほそ道』の足跡をたどることからスタートし、俳句の魅力と面白さに迫ってみました。■松尾芭蕉は、出羽路(山形県)で、10を超える句を詠んだ!俳句の祖・松尾芭蕉が、600里(約2,500キロ)161日間にわたる『おくのほそ道』の旅に出る [全文を読む]

【旅好きが口コミランキングで絶賛】絶景スポット立石寺ってどこ?

TABIZINE / 2017年04月21日12時00分

筆者も学生のころに一度訪れただけで、それほど詳しいわけではないのですが、松尾芭蕉の有名な俳句、 <閑(しずか)さや岩にしみ入(い)る蝉(せみ)の声>(NHKテキストViewより引用) が詠まれた場所としてまず有名な山寺です。 1,000段の修験道を自分の足で上る 大学生のころ、傾斜のきつい山肌にへばりつくように建立された大伽藍(がらん)に出かけましたが、特 [全文を読む]

英語のプロが、目からウロコの発音矯正法を伝授『ENGLISH JOURNAL』2016年8月号、7月6日発売

PR TIMES / 2016年07月05日10時00分

●スティーヴン・ギル(俳人、翻訳家) 10代の頃に、英訳された俳句に触れて日本に興味を持ったと語るスティーヴン・ギル。イギリス出身の彼は、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院で日本語と日本文学を学んだ後に来日し、現在は京都に居を構えて、俳人、大学講師、放送作家など、多岐にわたる分野で活躍しています。松尾芭蕉と与謝蕪村の魅力や、英語で俳句を作り、また、英語に俳 [全文を読む]

「台北友町」イベント第二弾!俳句を詠んで台北行き航空券を当てよう 9月は2つの展覧会に出展。地元発信の台北旅行情報をお届け

PR TIMES / 2015年09月18日13時16分

台北市が日本人観光客向けに設置したキャンペーンサイト「台北友町(タイペイマチマチ)」では、9月22日から、イベント第二弾となる俳句大会を開催します。俳句作品を投稿するだけで、東京-台北の往復航空券が当たるチャンスですよ! また、台北友町は9月22日と24日から、東京都庁45階南展望室と「ツーリズムEXPOジャパン」台湾ブース台北市コーナーで出展します。会場 [全文を読む]

新旧“月9”クイズ対決!福士蒼汰が木村拓哉に壁ドン

Smartザテレビジョン / 2015年07月27日16時50分

「HERO」チームには3問目で、松尾芭蕉の有名な俳句の下の句を当てる問題が出される。 実は'07年、「FNS27時間テレビ内」の「ネプリーグ」に生放送で参戦した映画「HERO」チーム。その時、木村が頭を悩ませた結果、まさかのミスをしてしまったのが松尾芭蕉の別の俳句問題だった。八嶋の指摘でその事を思い出した木村は「あー!そうだった!!」と驚きの表情を浮かべる [全文を読む]

JMOOC公認サイト「gacco(ガッコ)」で大手前大学「俳句」講座、本日(5月27日)より受講者の募集を開始、首都大学東京 渡邉 英徳 准教授の講座追加が決定

@Press / 2014年05月27日15時00分

■大手前大学「俳句~十七字の世界~」の募集開始 5月27日(火)から受講者の募集を開始するのは、8月25日(月)に開講する大手前大学 川本 皓嗣 名誉教授による「俳句~十七字の世界~」です。この講義では、松尾芭蕉の数々の名句から現在の高校生の俳句、アメリカのHAIKUまで、多様な事例を通じ、見識を深めます。また、本講座では、オンラインで学習した内容をもと [全文を読む]

正岡子規生誕150年「落語」と「俳句」のコラボイベント 東京・台東区で「ライト俳句落語会 in 子規庵」3月19日(日)・20日(月・祝)に開催!

@Press / 2017年02月10日11時00分

ライト俳句落語会事務局(代表:八塚一青※)は、人気噺家の春風亭正太郎、林家つる子を迎え「ライト俳句落語会in 子規庵」を2017年3月19日(日)・20日(月・祝)に開催します。当事業は平成28年度台東区芸術文化支援制度の採択事業となります。※ 八塚一青の「青」の字は正式には旧字体です。詳細URL: http://www.city.taito.lg.jp/ [全文を読む]

第二十八回の応募作品は引き続き募集中!累計応募数が3,000万句突破の伊藤園お~いお茶新俳句大賞 知られていない「伊藤園お~いお茶新俳句大賞10のホントッ!?」を紹介

@Press / 2017年02月06日15時00分

株式会社伊藤園(社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区)は、第二十八回「伊藤園お~いお茶新俳句大賞」の作品を2017年2月28日(当日消印有効)まで募集しており、この度、第一回からの累計応募数が3,000万句を突破したことをお知らせいたします。今回の累計応募数3,000万句達成は、前回の第二十七回までの累計応募数が29,872,958句だったため、二十八回の募 [全文を読む]

透き通る水まんじゅうで涼む、水の都・大垣を歩く

IGNITE / 2016年09月03日12時00分

俳句好きな方にも、ぜひ訪れて欲しい水の都である。 (田原昌) [全文を読む]

又吉直樹が鎌倉&東京で俳句散歩

Smartザテレビジョン / 2016年06月30日18時30分

BSフジでは、7月3日(日)に「又吉直樹の五・七・GO!~新しい日本が見える俳句旅~」(夜9:00-10:55)を放送。又吉直樹、俳人・堀本裕樹、唐橋ユミが浮かんだ言葉をメモする“コトバ手帳”と歳時記を持って街を歩き、俳句の題材となる言葉を集めながら街を散歩する。 はじめに訪れたのは神奈川・鎌倉。長谷寺で花ショウブやアジサイを眺め、その後は鎌倉市内を散策す [全文を読む]

今日は何の日 5月16日は「旅の日」/INSIGHT NOW! 編集部

INSIGHT NOW! / 2016年05月16日06時50分

行く先々で俳句を詠むスパイというのも、なかなか趣がありますが、事の真偽は不明です。「旅の心」というのはどういうものを言うのか、ほんとうのところはよくわかりません。旅の楽しみは人それぞれで、とにかく「その列車」に乗ることだったり、「その場所」に立つことだったり、あるいは、「おいしい食べ物」や「ふだんできない体験」だったりします。有名な観光地を訪ねたり、断崖絶 [全文を読む]

イカスミ、がん細胞やウイルスを破壊する万能食品だった!関節や免疫力の強化にも役立つ

Business Journal / 2016年05月12日06時00分

俳句の世界でも「イカ」は初夏、太陽暦5月の季語です。「イカ売りの 声まぎらわし ホトトギス」 これは、各地を旅した徘徊する俳諧師・松尾芭蕉が晩年、1690年頃の江戸の風景を軽快に詠んだものです。 イカは、その異世界生物的な見た目が原因で文学的ではない生き物とされ、俳句の世界に登場することはほとんどありません。ですが、芭蕉のこの句では、風流な季語の代表ともい [全文を読む]

大人も子どももハマる俳句の魅力って? 感性をみがく俳句づくりのコツ

Woman.excite / 2016年03月11日06時15分

© Ciaobucarest - Fotolia.com最近、小中学校でも俳句コンテストをやったり、テレビ番組で辛口先生が俳句を添削するコーナーが人気だったり、俳句の面白さが広く見直されてきているようです。俳句に年齢は関係ないので、子育て中のパパやママは、子どもと競って楽しむこともできます。親子で俳句づくりに挑戦してみたいという方に、俳句を始めるにあたって [全文を読む]

【旬のグルメ】5月の魚「初ガツオ」すでに食べた人の割合は?

しらべぇ / 2015年05月24日20時00分

目には青葉 山ほととぎす 初鰹 カツオを食べるとき、必ずといってもいいほど頭に浮かぶこの一句は、日本でもっとも有名な俳句のひとつだろう。 作者は、松尾芭蕉とも同門だった江戸時代の俳人・山口素堂。 俳句において、季語をいくつも使うのは「季重ね」といって避けられることが多いが、季語を3つも使いながら「目に映る新緑の美しさ」「ほととぎすの鳴き声」「カツオの味覚 [全文を読む]

【旬のグルメ】5月の魚「初ガツオ」すでに食べた人の割合は?

しらべぇ / 2015年05月24日20時00分

目には青葉 山ほととぎす 初鰹 カツオを食べるとき、必ずといってもいいほど頭に浮かぶこの一句は、日本でもっとも有名な俳句のひとつだろう。 作者は、松尾芭蕉とも同門だった江戸時代の俳人・山口素堂。 俳句において、季語をいくつも使うのは「季重ね」といって避けられることが多いが、季語を3つも使いながら「目に映る新緑の美しさ」「ほととぎすの鳴き声」「カツオの味覚 [全文を読む]

松尾芭蕉「奥の細道」に倣えば、五月病が解消される?

太田出版ケトルニュース / 2014年05月16日09時01分

『奥の細道』といえば、芭蕉が約5カ月間という長旅の道中で残した俳句を集めた作品集。その中で、芭蕉は旅の道中いくつかの温泉地に足を運んだとつづっている。 その一つが石川県の山中温泉だ。現代でも名湯として知られる山中に立ち寄った芭蕉は、「山中や 菊は手折らじ 湯の匂い」と詠み、有馬、草津と並ぶ「扶桑(=日本)三名湯」と称えたといわれている。 この他にも芭蕉はさ [全文を読む]

フォーカス