俳優 内藤剛志に関するニュース

俳優・内藤剛志 付き人もマネジャーも現場にいない理由

NEWSポストセブン / 2016年06月11日07時00分

でも、彼は脇の脇の脇から始めた俳優だから、どんな現場ならみんながやりやすいか知っているんです」 内藤は一人で撮影現場に来る。そもそも付き人はいないし、マネジャーも特別な用がなければ来ない。「誰かがついていると周りが僕に直接話しかけづらいけど、誰もいなければADさんでも直接話してくる。それが大事なんです。 映画やドラマは監督を中心に動くもので、たとえ主役であ [全文を読む]

遠藤憲一、生瀬勝久、小日向文世はドラマ「最強の脇役」

NEWSポストセブン / 2016年09月14日07時00分

ドラマを観ていて、つい最近目にしたばかりの俳優が、また違うドラマに出ていて「あれ!?」と思ったことはないだろうか? 近ごろ、ドラマで「かけ持ち出演」が頻繁に見られる。例えば最近なら『重版出来!』『真田丸』『グ・ラ・メ!』の小日向文世や、『重版出来!』『侠飯~おとこめし~』から次の朝ドラ『べっぴんさん』に出演する生瀬勝久、遠藤憲一…といった面々だ。同じ顔ぶれ [全文を読む]

GLIM SPANKYの新曲「美しい棘」が『警視庁・捜査一課長 season2』の主題歌に決定

okmusic UP's / 2017年03月27日12時00分

“連ドラの鉄人"の異名を誇る俳優・内藤剛志が1年ぶりに、ヒラ刑事から這い上がってきた“叩き上げ"の捜査一課長・大岩純一を熱演。斉藤由貴や金田明夫などシリーズを支えてきたお馴染みの面々が再び終結。そして、新たに実力派人気俳優・田中圭が加入するのも大きなみどころとなっている。 内藤演じる大岩一課長を中心とした“熱き刑事たちのドラマ"と、GLIM SPANKYが [全文を読む]

内藤剛志「捜査一課長2」主題歌が“新世代ロックユニット”GLIM SPANKYに

Smartザテレビジョン / 2017年03月27日04時00分

“連ドラの鉄人”の異名を誇る俳優・内藤が1年ぶりに、ヒラ刑事から這い上がってきた“たたき上げ”の捜査一課長・大岩純一を演じる。その他、斉藤由貴や金田明夫などシリーズを支えてきたおなじみの面々が再集結し、今シリーズより新たに実力派俳優・田中圭が加入するのも注目を集めている。 4月12日(水)にミニ・アルバム『I STAND ALONE』の発売が決定し、先日 [全文を読む]

時を越えた夫婦共演…!?「ハロー張りネズミ」と唐沢寿明の意外な関係

dmenu映画 / 2017年08月31日10時00分

今回のドラマで瑛太が演じている主役・七瀬五郎を演じたのは、現在個性派俳優として活躍する唐沢寿明だ。今回のドラマ化では、主人公が所属する探偵事務所の所長・風かほる役を女優・山口智子が演じている。そう、唐沢の実の妻である山口が、時を経て同じ作品に出演しているのだ。 山口は同ドラマ公式サイトのインタビューで「昔、この原作の映画を拝見したとき、探偵事務所の所長『風 [全文を読む]

捜査一課長、鈴木奈々「棒演技」に酷評の嵐!?

日刊大衆 / 2017年06月30日08時05分

主人公を演じる内藤剛志(62)をはじめ、シーズン2から加入した田中圭(32)など、実力派俳優たちの演技が光るこのドラマ。警視庁の花形部署“捜査一課”の面々が難事件に挑んでいくというストーリーで、目の肥えたミステリーファンを楽しませてきた。 最終話で、鈴木奈々が演じたのは遺体の発見者という役どころ。愛犬を連れて河川敷を散歩していると、偶然遺体を発見し「ギャ [全文を読む]

第21回「刑事ドラマの歴史」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月09日18時00分

それが今や、今クールだけでも捜査一課長を内藤剛志、香川照之、三上市朗の3人の俳優が演じている(ちなみに『警視庁捜査一課9係』は昔から一貫して捜査一課長が登場しない)。これじゃ、まるでパラレルワールドだ。■刑事ドラマは時代の鏡 俗に、テレビは時代の鏡という。刑事ドラマが警視庁捜査一課モノばかりになってしまった背景には、現代の世相が何かしらの影響を与えている [全文を読む]

主題歌を手掛けるGLIM SPANKYがドラマ初出演! 内藤剛志も“最高の縁”に大喜び

Smartザテレビジョン / 2017年05月23日05時00分

1シーンのみの出演ながら、内藤をはじめ、斉藤由貴、金田明夫、田中圭ら主要キャストとからむシーンとなっており、4人のベテラン俳優に囲まれながら、演技に挑んだ。西新宿の高層ビル街で行われたロケに、早朝から参加した2人は、撮影スタート当初はやや緊張した面持ち。だが、撮影の合間に内藤と音楽談義で盛り上がり、現場は終始和やかムードに。次第に緊張もほぐれたのか、自然な [全文を読む]

「なぜ、ぺこを出すんだ!」硬派ドラマのキャスティングに視聴者激怒

アサジョ / 2017年04月18日10時14分

真面目に演じてる本職の俳優陣に迷惑」などの不満が殺到したのだ。 テレビ誌のライターも「意外なキャスティングに驚いた」と、こう話す。「この日のメインゲストは渡辺えりでした。しかし、途中でぺこが出てきた途端、なんだこりゃ?とは思いましたね。決して派手ではありませんが、まっとうな俳優陣で作り上げてきた硬派なドラマなだけに、視聴者が“雰囲気ぶち壊し”と思ったのもう [全文を読む]

病魔と闘う荒ぶる役者たちの不屈秘話 「第3回・渡瀬恒彦」(2)タバコの火は自分でつける

アサ芸プラス / 2016年11月01日05時57分

俳優・永井なおきは、90年から2年半ほど渡瀬の付き人を務めた。短い期間ではあったが、渡瀬から現場で教わったことは今も忘れない。「雪山のロケで、僕はスニーカーで来たものだから寒くて震えているんです。渡瀬さんに『寒いところで寒そうにしていたら一般人だ』って言われましたね。お前も役者なんだから、という意味です。実際、渡瀬さんは雪山でコートを着ない撮影が終わっても [全文を読む]

司会もこなす俳優・内藤剛志 自分ルールで「雑談力」高める

NEWSポストセブン / 2016年06月07日07時00分

連続ドラマ『警視庁・捜査一課長』(テレビ朝日系、木曜20時~)に出演中の俳優・内藤剛志(61)は、ドラマや映画に欠かせぬ存在といえる。今でも、主役の話が4本きていて1年後までスケジュールが埋まっている。 だが、内藤は俳優であると同時に、現在は東海地区で生放送の情報番組『スタイルプラス』(東海テレビ、日曜12時~)と情報系旅番組『土曜スペシャル ナイトウ旅行 [全文を読む]

内藤剛志、思い出の撮影所での誕生日祝いに感無量!

Smartザテレビジョン / 2016年05月28日00時00分

実は内藤が初めて俳優として出演料をもらった仕事が、この東映東京撮影所だったという。「21歳ぐらいの時、初めて一言せりふをもらったのが、ドラマ『特捜最前線』でのパチンコ店の店員役でした。それから40年が過ぎ、こうしてまた大きな役をやらせていただいているのはとても幸せなこと! でも、里見浩太朗さん、渡瀬恒彦さん、小林稔侍さんなどまだまだスゴイ先輩たちが東映で [全文を読む]

猫好き俳優・内藤剛 名優猫との共演にデレデレメロメロ

WEB女性自身 / 2016年04月18日06時00分

「ねこ、すごい好きです!いてくれるだけで癒しになりますよね」 そう、目を細めて熱く語るのは俳優の内藤剛志(60)。本誌が密着取材した日は、放送中の主演ドラマ『警視庁・捜査一課長』(テレビ朝日系・木曜20時〜)で、内藤演じる大岩刑事の愛猫・ビビとのシーンを撮影中だった。 2人(?)は、難しいシーンの収録でも一発OKを連発と、息もピッタリの様子。実は、ビビ役を [全文を読む]

“たたき上げ役者”内藤剛志の主演最新作がスタート

Smartザテレビジョン / 2016年04月14日07時00分

内藤自身も'80年の映画デビューから名バイプレーヤーとして活躍し、主演俳優に上り詰めた、いわば“たたき上げ役者”。 今や日本ドラマ界に欠かせない存在となった内藤が、デビュー36年目に当たることし、自らと男としての生きざまが重なる捜査一課長・大岩純一役に挑む。 主人公の大岩一課長は、いくつもの捜査本部を同時に指揮しながら捜査方針を決め、重大な局面では自ら捜査 [全文を読む]

内藤剛志「捜査一課長」のせりふに込めたこだわり(前)

Smartザテレビジョン / 2016年04月12日12時00分

金田明夫は俳優として非常に高い技術を持っていて、どんな演技でも受けてもらえる人ですから、僕としては頼れますし、僕の演技の振り幅がどんなに大きくても金田明夫がいることによって整合性がきちっと取れますね。 [全文を読む]

内藤剛志「恥ずかしさはロマンポルノで脱ぎ捨てた」

NEWSポストセブン / 2016年03月02日16時00分

人気なのは若いイケメン俳優だけではない! 近頃、世の女性たちから熱視線を送られているのが、セクシーな雰囲気と圧倒的な存在感が魅力的な渋い俳優「渋メン」たち。なかでも、20代のころからフェロモンを出し続けて、還暦をむかえたいまなおセクシーさを発揮するのが内藤剛志(60才)だ。 現在は木曜ミステリー『警視庁・捜査一課長』(テレビ朝日系・4月スタート毎週木曜20 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】武田真治を超緊張させた、世良公則の貫禄がヤバい。

TechinsightJapan / 2015年12月22日19時55分

俳優でサックス奏者としても活動している武田真治が、12月20日都内で行われた世良公則のライブにスペシャルゲストとして登場。大先輩3人らとのオフショットを、Instagramで公開している。 20日最終回を迎えたドラマ『下町ロケット』のガウディ編では、アジア医科大学の心臓血管外科部長・貴船恒広を熱演した世良公則。彼はNHK連続テレビ小説『梅ちゃん先生』で地域 [全文を読む]

『あさイチ』の魅力はイノッチの笑顔と有働アナの上機嫌さ

NEWSポストセブン / 2014年08月14日07時00分

コメンテーターを務める俳優でタレントの内藤剛志さんは2人の魅力をこう語る。 「『あさイチ』のガソリンはイノッチの馬力のある笑顔とまっすぐな言葉。そしてエンジンは有働さんの素敵な上機嫌と変幻自在な言葉たち。こんな素晴らしい番組に参加できるのがうれしい!」 同じく『あさイチ』でコメンテーターを務める俳優や声優、タレントなどマルチに活躍している山崎樹範さんは、 [全文を読む]

おいしくゆっくり楽しめる 創業110年の老舗わんこそば店「嘉司屋」

ぐるなび / 2014年07月04日17時10分

6月28日放送の「朝だ!生です旅サラダ」(テレビ朝日系、毎週土曜午前8時)、「ゲストの旅」では、「内藤剛志さん 岩手を巡る旅!」と題し、俳優の内藤剛志さんが、わんこそば店「嘉司屋(かじや)」(岩手県花巻市)を訪れた。 同店は1904(明治37)年創業の老舗だ。わんこそばは、およそ400年前、南部藩の藩主をもてなすために一口大に盛ったそばを出したところ、その [全文を読む]

連ドラ界の偉業 常盤貴子の5連続主演や内藤剛志の連続出演

NEWSポストセブン / 2013年10月17日07時00分

俳優・堺雅人が『半沢直樹』(TBS系)、『リーガルハイ』(フジテレビ系)と2クール連続して主演を務めることから「体は大丈夫か…」との心配の声も出ている。連ドラの撮影は早朝から深夜に及ぶことも多いため、主役級で出演できるのは、通常は1クール(3ヶ月)に1本のみ。何クールも連続で出演していくのは到底無理といわれているが…。 常盤貴子は1996年の『みにくいアヒ [全文を読む]

フォーカス