蜷川幸雄 真山知子に関するニュース

「別居婚する」で大げんか…蜷川幸雄さんと妻の”出会い”

WEB女性自身 / 2016年09月04日06時00分

そうやって自分で枠を作って頑張るの、あの人」 演出家の故・蜷川幸雄さん(享年80)の妻であり、写真家・蜷川実花さん(43)の母、蜷川宏子さん(75)は、 あの日のまま という幸雄さんの書斎で、そう語った。 世界のNINAGAWA の急逝から100日。初めて明かす2人の出会い 。 宏子さんにはもう一つの名前がある。 66年に蜷川幸雄さんと結婚したときは「真山 [全文を読む]

故・蜷川幸雄さん 臨終の床で残した妻への呼びかけ

NEWSポストセブン / 2016年05月19日07時00分

蜷川幸雄さん(享年80)が体調を崩したのは昨年12月、自身の半生を題材にした舞台の稽古中のことだった。1月半ばには肺炎で入院。予定されていた舞台を延期した。「たまに車椅子に酸素のチューブをつけて稽古場に姿を見せていましたが、基本は入院生活が続いていました。写真家として第一線で活躍している娘の蜷川実花さん(43才)も忙しい合間に毎日のように病室に通っていた [全文を読む]

「妬むより妬まれろ」3歳娘にたたきこんだニナガワの”10カ条”

WEB女性自身 / 2016年09月04日06時00分

私もそれを期待していたんだけど、パタパタとスリッパの音が聞こえたと思ったら蜷川の第一声は『ひどい顔だな、帰るときには顔にガーゼをかぶせるか』です」 演出家の故・蜷川幸雄さん(享年80)の妻であり、写真家・蜷川実花さん(43)の母、蜷川宏子さん(75)は、 あの日のまま という幸雄さんの書斎で、そう語った。 世界のNINAGAWA の急逝から100日。初めて [全文を読む]

蜷川幸雄さん 劇団初期は「子どもは考えないでくれ」とも

WEB女性自身 / 2016年09月04日06時00分

ただ、自分が素敵だと思う人が新しい仕事に挑戦するなんて、ロマンチックだなと思いました」 演出家の故・蜷川幸雄さん(享年80)の妻であり、写真家・蜷川実花さん(43)の母、蜷川宏子さん(75)は、 あの日のまま という幸雄さんの書斎で、そう語った。 世界のNINAGAWA の急逝から100日。初めて明かす劇団立ち上げ秘話 。 宏子さんにはもう一つの名前がある [全文を読む]

蜷川幸雄さん 演出家時代前半は娘を育てる主夫だった

NEWSポストセブン / 2016年05月21日16時00分

蜷川幸雄さん(享年80)が体調を崩したのは昨年12月、自身の半生を題材にした舞台の稽古中のことだった。1月半ばには肺炎で入院。予定されていた舞台を延期した。そして12日、「世界のニナガワ」は家族に見守られながら、この世を去った。享年80。死因は肺炎による多臓器不全だった。 蜷川さんは1935年、埼玉・川口市の洋服屋に生まれた。子供の頃から成績抜群で、中学か [全文を読む]

「パルファージュ」フェアで贈られる、『蜷川実花』による素敵な写真集!

美容最新ニュース / 2015年03月26日15時15分

父は有名な蜷川幸雄氏、母は真山知子。多くの受賞を獲得しており、映画だけでなく、グループ展や個展、さらに土屋アンナや松山ケンイチ、中川翔子など有名人の写真集およびジャケット撮影なども手がけている。蜷川実花の扱う魅力的な写真集を希望する人は、フェアに参加してみては。(画像はプレスリリースより)【参考】・株式会社ワコール プレスリリース (PR TIMES)ht [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】蜷川実花が公開した“息子制作の粘土マーン”がホラーだと話題に。「こ、こわすぎる…」

TechinsightJapan / 2014年08月10日17時30分

「凄い~、だけど、センスを感じるような…」という感想もあり、きっと演出家・映画監督の蜷川幸雄氏とキルト作家の真山知子さん(蜷川宏子)夫妻の娘である蜷川実花から表現者としての血を引き継いでいるのだろう。 ※画像は『蜷川実花 ninagawamika Instagram』のスクリーンショット。 (TechinsightJapan編集部 真紀和泉) [全文を読む]

フォーカス