コシノジュンコ デザインに関するニュース

佐野研二郎だけじゃない、師匠の佐藤可士和にもパクリ疑惑の過去! クールジャパンロゴにコシノジュンコが激怒

リテラ / 2015年09月23日12時00分

元ネタとして告発したのは、パリコレへの参加など華々しい経歴をもつファッションデザイナーのコシノジュンコであった。 当時、「産経新聞」11年9月18日朝刊では以下のように報道されている。〈アニメやファッションなど日本発の文化産業を海外に売り込む政府の「クールジャパン」戦略の一環で、知的財産戦略推進事務局が発表したロゴマークが、日本オリンピック委員会(JOC) [全文を読む]

“世界に誇る日本の職人技術”と“気鋭のデザイナー”による“機能とファッションの融合”により モバイル時代に対応したバッグ及び小物が誕生!REBONALLY×NAOTO SATOH コラボ新商品発売開始

DreamNews / 2017年01月25日18時00分

コシノジュンコ氏に師事し、 JAPAN LEATHER AWARD 2010 グランプリ受賞及び同 2012・2013 メンズバッグ部門賞を受賞するなど、気鋭のデザイナーとして注目を浴びています。25年以上に展開しているネオプレンバッグに、最近では牛革とネオプレン素材を張り合わせたネオプレンレザーの開発に成功し、裏地と縫い代の無いウエットスーツ縫製を駆使し [全文を読む]

石井竜也×コシノジュンコ 番組初の公開収録!必聴・デザイン談義『寺田倉庫presents 石井竜也 TIME CAPSULE』

PR TIMES / 2015年08月12日11時22分

8月16日・23日(日)20:00~20:30 オンエアTOKYO FMでは、石井竜也のレギュラー番組『寺田倉庫presents 石井竜也 TIME CAPSULE』(日曜20:00~20:30放送)初の公開収録を行い、ゲストに日本を代表するデザイナー・コシノジュンコを迎えました。自身もデザイナーとしての顔を持つ石井竜也と、熱いデザイン談義を繰り広げました [全文を読む]

伝統ある技術が斬新なデザインで生まれ変わる 福島県の工芸品×コシノジュンコ氏 コラボレーション商品発表

PR TIMES / 2017年03月09日11時19分

今回、それら福島が誇る工芸品と、世界的デザイナー「コシノジュンコ」氏を始めとするクリエイターの皆さんとのコラボレーション(コシノジュンコ氏コラボは11者、その他のクリエイターとのコラボは4者)により、斬新なデザインで福島の魅力を伝える新しい商品が誕生しました。 [画像1: https://prtimes.jp/i/20468/5/resize/d2046 [全文を読む]

JOCロゴを巡り佐藤可士和氏とコシノジュンコ氏に騒動あった

NEWSポストセブン / 2015年09月11日16時00分

1993年にデザイナーのコシノジュンコ氏(76才)が「対極」というコンセプトのもとデザインした、JOCの第二エンブレムに「そっくり」と指摘されたのだ。 「当時、ツイッターでは“どこかで見たことがあると思った”“ほんと似ている”などのつぶやきが相次ぐ一方、“似ていない”“許容範囲では”と賛否両論が巻き起こりました。 その後、あるパーティーで、コシノさん本人 [全文を読む]

コシノジュンコ、樹海を全裸で走るアイドルBiSの新メンバーに正式加入

FASHION HEADLINE / 2013年10月29日20時36分

ファッションデザイナーのコシノジュンコが、破天荒なパフォーマンスで知られるBiSの新メンバーとして正式加入したことが発表された。 コシノはメンバー選抜のオーディションに極秘で参加。その圧倒的な存在感で合格したとのこと。 コシノが加わった新生BiSは11月5日の電報の日に二子玉川ライズ・ガレリアで開催される「HOT DENPO FESTIVAL 2013」に [全文を読む]

和太鼓エンターテインメント集団・DRUM TAOを支えるコシノジュンコ氏の衣装のポイントとは?

Smartザテレビジョン / 2017年05月25日20時21分

関係者、マスコミ向けに行われたプレミアムプレゼンテーションでは、DRUM TAOが力強い和太鼓の調べと幻想的なダンスによるパフォーマンスを披露した他、林村ゆかりによるPRソング「瞬間」歌唱、衣装を手掛けるコシノジュンコ氏とDRUM TAOによるトークショーを実施。 コシノ氏は「世界に対して発信するエンターテインメントは“見せる”ということが重要。衣装はも [全文を読む]

JUNKO KOSHINO(コシノジュンコ) ECサイト初展開 BUYMA(英語版)で独占オープン!

PR TIMES / 2016年07月19日11時27分

https://www.buyma.us/contents/junko-koshino 株式会社エニグモが運営するソーシャル・ショッピング・サイト『BUYMA(英語版)』では、2016年7月19日(火)より世界的に有名な日本ブランド『JUNKO KOSHINO(コシノジュンコ)』(以下、JUNKO KOSHINO)の商品を独占販売いたします。[画像1: h [全文を読む]

一般社団法人 日本花火人(はなびじん)協会を設立

PR TIMES / 2015年08月06日13時56分

花火を最大限楽しめる「花火人検定」を2015年9月下旬より開催 8月7日を「花火人(はなびじん)の日」に認定! 応援団長には“コシノジュンコさん“が就任 日本が誇る花火文化のさらなる発展などを目的に、一般社団法人 日本花火人(はなびじん)協会(所在地:東京都品川区 代表理事:久保貴司 以下当協会)を2015年8月7日(金)に設立します。 当協会の最初の活動 [全文を読む]

三つ星シェフのハインツ・ベック、丸の内にレストラン2店舗オープン。制服はコシノジュンコ

FASHION HEADLINE / 2014年11月11日07時38分

両ダイニングともにコスチュームデザインはコシノジュンコが担当。店舗デザインはポール・スチュアート青山店やアップルストアの全米展開などを担当した、植木莞爾が手掛けている。 シェフのハインツ・ベック氏は「丸の内は非常に美しく歴史のある土地。日本を感じるこの土地の魅力に引かれ、オープンを決めた。この地で最高のパフォーマンスをするために、初めて長期間ローマの店舗 [全文を読む]

You Can Be A Fashion Designer by Barbie Barbie×学生服×文化服装学院 デザインコンテスト開催

@Press / 2016年12月26日16時00分

日本公式Facebook: https://www.facebook.com/BarbieJapanOfficial/ ■文化服装学院について ホームページ: http://www.bunka-fc.ac.jp/ イギリス発の業界サイト「Business of Fashion」のランキングで世界2位にランキングされたファッションスクールであり、コシノヒロ [全文を読む]

ブラジル・リオで「JAPAN OMOTENASHI PAVILION」がオープン 6月12日~7月13日 日本とブラジルを”OMOTENASHI”のココロで繋ぐ

PR TIMES / 2014年06月17日09時29分

つづいて、「JAPAN OMOTENASHI PAVILION」の監修を担当したコシノジュンコ氏デザインの浴衣ショーが催され、コシノ氏は挨拶の中で『日本の“OMOTENASHI”をもっと知っていただき、日伯がさらに友好を深めるきっかけにしていきたい。』とこのパビリオンにかけた思いを語りました。引き続きパビリオン内で行われたオープニングレセプションでは、ブラ [全文を読む]

ファッション界のレジェンド、コシノ3姉妹ブーム再び

NEWSポストセブン / 2017年04月02日07時00分

* * * 3月末、3姉妹全員が日本を代表するファッションデザイナーである、コシノヒロコ氏、コシノジュンコ氏、コシノミチコ氏が出生地、大阪岸和田に揃った。2006年3月26日、92才で亡くなった母、小篠綾子さんの墓参りのためだったという。 その綾子さんの半生を描いた連続テレビ小説『カーネーション』(NHK)が、尾野真千子(晩年は夏木マリ)主演でオンエアさ [全文を読む]

『装苑』創刊80周年記念号!ヴィヴィアン・ウエストウッドやポール・スミス、高橋盾...総勢80人からのメッセージ

FASHION HEADLINE / 2016年10月28日11時00分

ヴィヴィアン・ウエストウッドやポール・スミス、皆川 明、高橋盾、コシノジュンコ、落合宏理、森永邦彦など全44名のデザイナーが初めて手掛けた作品や自分の転機になった出来事などを、本人が撮影した写真や文も交えて紹介する。 また、クリエーターからのビジュアルメッセージとして、吉田ユニと相澤樹が80歳のモデルをキャンドルに見立てた作品が登場する他、スタイリストの遠 [全文を読む]

桐谷美玲「寝起きの私には触れない方がいい!」

Smartザテレビジョン / 2015年10月21日16時09分

その後、桐谷は株式会社三越伊勢丹ホールディングス代表取締役社長執行役員・大西洋氏、デザイナー・コシノジュンコ氏、鷹野正明本店長と共にテープカットを行い、セレモニーを締めくくった。 セレモニー後に行われた囲み取材では、展覧会について「女の子が大好きな世界観がギュギュっと詰まっていて、ずっとここに居たいなという感じでした」と告白。 また、「先程、コシノジュン [全文を読む]

東北の巨大ねぷたが18,000km先のブラジルカーニバルへ! サンパウロたちねぷたプロジェクト2015

PR TIMES / 2014年12月26日15時39分

加えて、「アギア・ジ・オウロ」のカーニバルパートには、当プロジェクトの実行委員であり、発起人でもあるファッションデザイナーのコシノジュンコ氏、五所川原市平山誠敏市長のほか、現地在住の日本人や日系人のダンサーが参加し、参加者は、コシノジュンコ氏がデザインした法被を衣装として着用する予定となっております。 【起ちあがれ東北!ありがとうBRASIL!サンパウロ [全文を読む]

日伯修好通商航海条約締結120周年記念プロジェクト サンバカーニバルツアー発売

PR TIMES / 2014年12月09日16時50分

サンパウロのサンバカーニバル1部リーグで活躍するサンバチーム‘アギア・ジ・オウロ’より、チーム全体の2015年出展テーマを【日本】にしたいとの打診が在サンパウロ日本国総領事館にあり、2013年サンパウロのサンバカーニバルに参加した服飾デザイナーのコシノジュンコ氏がその意を受けて、大きくて迫力のある青森のねぶたを題材としてはどうかと提案したものです。201 [全文を読む]

羽生結弦が暑い夏にも大活躍!?演技せずとも大感動を呼んだイベントとは?

アサジョ / 2016年08月19日09時59分

ただ曲を使っただけではなく、フィギュアスケート用にアレンジ、編集したバージョンを使っているというこだわりなので、まさにフィギュアスケートと花火のコラボレーションと言えるでしょう」(前出・スポーツライター)「SEIMEI」の花火大会での使用は今回が初めてではなく、4月に沖縄の宜野湾で開催された「琉球海炎祭」でコシノジュンコデザインの花火を盛り上げる演出として [全文を読む]

【大胆予想!】2020東京五輪・開会式を手がけるクリエイターたち

ガジェット通信 / 2016年08月13日14時00分

コシノジュンコが衣装デザインを手がける、モードとエンターテイメントが融合した和太鼓パフォーマンスは、東京五輪に欠かせないと私は思います。 2. ライゾマティクスとチームラボ 最新テクノロジーとライブ映像の融合 日本映像界のトップランナーと言って過言でないのは、ライゾマティクスとチームラボ。 ライゾマティクスは、きゃりーぱみゅぱみゅやPerfumeのライブ演 [全文を読む]

【緊急速報】獺祭など厳選日本酒3種のお得な利き酒セットを『父の日』特別メニューとして提供!!銘柄を当てれば特別プレゼントも当たる!!関東の「庄や」など267店舗で6月18日から4日間の期間限定

PR TIMES / 2016年06月17日15時02分

さらに、店舗指定の銘柄ひとつを当てたお客様には数量限定“コシノジュンコ”デザインの特製ネクタイまたは豊富な地酒メニューの中からお好きな日本酒1杯を無料プレゼントします。販売期間は、6月18日(土)から21日(火)までの4日間限定です。※フランチャイズ店舗では一部実施いたしません。(店舗一覧 http://www.daisyo.co.jp/whatsnew/ [全文を読む]

フォーカス