ドラマ 岸谷五朗に関するニュース

あの人とあの人が昔は一緒の劇団に!?意外と知らない劇団俳優の繋がり

日本タレント名鑑 / 2016年03月28日14時55分

ドラマ見ていると、「やけに共演の多い俳優さんたち」がいる事に気が付きませんか?ドラマは基本的に「オファー」か「オーディション」でキャスティングが決まります。オーディションといっても、俳優であれば誰でも受けられるというわけではなく、事務所や劇団にオーディションの案内が来て、初めて出演のチャンスを得られるのです。 そんな少ないチャンスだからこそ、事務所や劇団側 [全文を読む]

第7回WOWOWシナリオ大賞応募総数544編

PR TIMES / 2013年10月23日12時59分

代表者を一名選出のこと 選考委員長 :崔洋一氏(映画監督) 選考委員 :エンターテインメント・コンテンツの専門家およびWOWOWプロデューサー、編成担当者 大賞(1編) :500万円 ※大賞作品は2014年度内に映像化予定 優秀賞(3編) :各100万円 締切 :2013年9月30日 最終選考候補作品発表:2014年1月 選考結果発表 :2014年3月(予 [全文を読む]

石原さとみ『地味スゴ』快演で勃発した校閲論争の着地点は

NEWSポストセブン / 2016年10月15日16時00分

話題作に次々出演している石原さとみにとっても「ハマり役」となる予感を感じさせるドラマがスタートした。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。 * * * 石原さとみ主演の新ドラマ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系水曜午後10時)は、あっという間に1時間が過ぎてしまう面白さ。上質なエンタテインメントに仕上がっています。 何よりもま [全文を読む]

“恋愛モノ女優”石原さとみ、『校閲ガール・河野悦子』で「可愛いだけ」から脱皮なるか?

サイゾーウーマン / 2016年10月03日13時00分

来たる10月5日、民放の秋ドラマの先陣を切る形で、石原さとみ主演『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(水曜午後10時~/日本テレビ系)がスタートする。こと連ドラに関していえば、2012年7月期『リッチマン、プアウーマン』以降に石原が出演した作品は、4作連続でフジテレビ系のドラマで、日テレの連ドラ出演は、11年7月期『ブルドクター』以来、5年3カ月ぶりとな [全文を読む]

憂いを帯びた表情でキセルをふかし...小西真奈美、初時代劇で可憐で妖艶な着物姿!

メンズサイゾー / 2015年10月23日20時00分

女優の小西真奈美(36)が、22日スタートのNHK新ドラマ『ぼんくら2』で初の時代劇に挑戦した。 このドラマは、2014年に放送された『ぼんくら』の続編で、人気作家・宮部みゆきの小説『日暮らし』(講談社)が原作。物語の主人公は前シリーズ同様、岸谷五朗(51)が務め、脇を固めるキャスト陣にも、松坂慶子(63)、奥貫薫(44)、風間俊介(32)など、多くの続投 [全文を読む]

玉森裕太『ぴんとこな』は当たり役!ジャニーズの演技派俳優として芸能界をひっぱっていく

ハピズム / 2013年07月20日09時00分

ドラマ『ぴんとこな 』公式サイトより ――顔はその人の本質をあらわし、真実を宿す場所。顔面評論家で知られる池袋絵意知先生に、話題の芸能人の“顔”から、テレビだけではわからない、ホントの姿を検証してもらいます。 18日にスタートした、Kis-My-Ft2の玉森裕太主演の歌舞伎ドラマ『ぴんとこな』(TBS系)。初回は2時間3分のスペシャル版だったが、少女コミッ [全文を読む]

ユニコーン、人気曲「はいYES!」が初の連ドラ主題歌に決定

okmusic UP's / 2015年01月09日15時30分

ユニコーンの楽曲「はいYES!」が、1月14日(水)スタートのCXドラマ「残念な夫。」主題歌に決定した。【その他の画像】ユニコーン「はいYES!」はアルバム『イーガジャケジョロ』のセブン&アイ限定盤CD(すでに限定発売終了)にのみ収録されていた楽曲で、ライヴでも盛り上がる大人気の1曲。さらに、このドラマ劇中でもユニコーンの新旧名曲がふんだんに使用されること [全文を読む]

川島海荷(9nine)、ヒロインで出演するTBSドラマ『ぴんとこな』毎日胸キュン撮影中

okmusic UP's / 2013年07月09日19時28分

本日、2013年7月9日(火)に東京・TBS緑山スタジオで7月よりスタートするTBSドラマ『ぴんとこな』の制作発表が行われ、5人組アイドルグループ・9nineのメンバーとしても活躍する川島海荷(9nine)が出席、ヒロイン役で出演する同ドラマへの意気込みを語った。【その他の画像】9nine今回、川島海荷(9nine)が出席したのは、2013年7月18日(木 [全文を読む]

「地味にスゴイ!」クランクアップで石原さとみ感涙!

Smartザテレビジョン / 2016年12月05日18時00分

毎週水曜、日本テレビ系にて放送中のドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」。12月7日(水)の最終回を目前に控え、主演の石原さとみらが無事クランクアップを迎えた。 あらゆる出版物の原稿をチェックする出版社の「校閲部」を舞台に、破天荒な校閲者・河野悦子(石原)がさまざまな騒動を巻き起こしてきた同ドラマ。「ファッション誌の編集者志望」という悦子のファッショ [全文を読む]

ドラマ「地味にスゴイ!―」にスゴイキャストが集結!

Smartザテレビジョン / 2016年09月15日20時08分

10月5日(水)より、日本テレビ系にて放送されるドラマ「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」。同ドラマの追加キャストが発表され、本田翼、青木崇高、岸谷五朗ら豪華俳優陣の出演が明らかになった。 「地味にスゴイ!―」は、宮木あや子の人気小説を原作とした“お仕事ドラマ”。ファッション誌の編集者を目指して「景凡社」に入社した河野悦子(石原さとみ)が、文章の誤りや [全文を読む]

仲里依紗が主演ドラマで新鮮な“パンツ”姿を披露!

Smartザテレビジョン / 2015年03月18日08時00分

WOWOWプライムで5月10日(日)より連続ドラマW「テミスの求刑」が放送される。 主演に連続ドラマWシリーズ初出演となる仲里依紗が決定した。 本ドラマは、司法制度をテーマにした推理小説を多数発表してきた作家・大門剛明の同名小説を映像化。 警官であった父親(螢雪次朗)を殺された過去を持つ検察事務官の主人公・星利菜(仲)が、先輩検事・田島(岸谷五朗)に容疑が [全文を読む]

第7回WOWOWシナリオ大賞最終選考対象作品の決定について

PR TIMES / 2014年01月30日18時02分

<第7回WOWOWシナリオ大賞 最終選考対象作品>作品名 応募者名(五十音順、敬称略)「花火な街」 アキロー「座間さんと呼ばれている吉野さんの話」 大沢 望子「獣たちの散歩」 鬼海 正秀「キー・オブ・ナイト」 岸 武志「誰かしらの光」 航野 裕子「テレンコテン」 小玉 憲一「十月十日の進化論」 栄 弥生「あいつは雪男を見たのか」 雑魚亭 紳稔「レフェリー! [全文を読む]

第6回WOWOWシナリオ大賞 応募総数492編

PR TIMES / 2012年10月17日17時32分

代表者を一名選出のこと選考委員長 :崔洋一氏(映画監督)選考委員 :奥寺佐渡子氏(脚本家)、椋樹弘尚氏(プロデューサー)、 野村正昭氏(映画評論家)、大村英治(当社ドラマ制作部長)大賞(1編) :500万円 ※大賞作品は2013年度内に映像化予定優秀賞(3編) :各100万円締切 :2012年9月30日最終選考候補作品発表:2013年1月選考結果発表 :2 [全文を読む]

第10回WOWOWシナリオ大賞 最終選考対象作品の決定について

PR TIMES / 2017年01月23日15時58分

[表: https://prtimes.jp/data/corp/1355/table/3529_1.jpg ] 最終選考は、映画監督の崔洋一氏、脚本家の大石哲也氏、渡辺千穂氏、映画評論家の野村正昭氏、当社ドラマ制作部長・井上衛の計5名が行います。 大賞作品(1編)には、500万円が贈られ、2017年度中の映像化を予定しております。また、優秀賞作品(3編) [全文を読む]

デビューから大躍進!才能を受け継いだサラブレッド!村上虹郎の魅力とは?

日本タレント名鑑 / 2016年02月10日09時55分

今回ご紹介させて頂くのは、「あの花」の実写ドラマで、主人公のじんたんを繊細に演じあげた村上虹郎さんです。 両親が芸能人のサラブレッド!村上虹郎さん。とても珍しいお名前ですが、芸名ではなく実は本名。1997年3月17日生まれの高校を卒業して間もない18歳です。さらに芸能界デビューは17歳。そう。まだデビューして1年ほどなのです。 しかもデビューが映画主演。 [全文を読む]

「二人はデキてる?」山下智久と城田優に疑惑が浮上する理由

アサジョ / 2015年12月17日09時59分

最近の城田はドラマ主演をこなすなど、その活躍も目覚ましいが、実は俳優になってからも長いことコレといった仕事がなく、オーディションにも落ちまくっていたそうだ。 そんな頃、親友の山下智久から何気なく言われた言葉が「すぐに咲く花なんてないじゃん」。当時、城田はその一言に大きく救われたという。「そもそも城田と山下が知り合ったのは高校一年生のときです。同じクラスだ [全文を読む]

第9回WOWOWシナリオ大賞応募総数424編

PR TIMES / 2015年10月15日11時43分

代表者を一名選出のこと選考委員長 :崔洋一氏(映画監督)選考委員 :エンターテインメント・コンテンツの専門家および WOWOW プロデューサー、編成担当者大賞(1編) :500 万円 ※大賞作品は2016 年度内に映像化予定優秀賞(3編) :各100 万円締切 :2015 年9 月30 日最終選考候補作品発表 :2016 年1 月選考結果発表 :2016 [全文を読む]

柴咲コウ主演『○○妻』が水10対決を“勝ち逃げ”……玉木宏『残念な夫。』敗因は「男性の猛反発」か

日刊サイゾー / 2015年03月26日20時30分

玉木宏主演の連続ドラマ『残念な夫。』(フジテレビ系/水曜22時~)の最終回が25日に放送され、視聴率7.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。全話平均は7.6%で、同クールで放送された同局の連ドラ5作品のうち、最下位となった。 同作は、出産をきっかけに夫婦関係に亀裂が入り、2年以内に離婚する“産後離婚”をテーマにしたホームコメディ。キャストは [全文を読む]

乃木坂46・生田絵梨花が両肩を露出したドレス姿でピアノ演奏、セクシーすぎると話題に

AOLニュース / 2015年01月29日12時00分

乃木坂46の人気メンバー・生田絵梨花が、初めて連ドラにレギュラー出演しているということもあって、ドラマファンのみならず、アイドルファンからも注目が集まっているフジテレビ系ドラマ『残念な夫。』の第3話が放送された1月28日、ネット上では彼女の登場シーンについて熱心に語り合うファンが相次いでいる。 岸谷五朗演じる細井茂と、大塚寧々演じる妻・美和子の娘・美香を演 [全文を読む]

乃木坂46生田絵梨花の女子高生役がネット上で話題 「天使」「気品が溢れすぎ」

AOLニュース / 2015年01月16日12時00分

年明けから各局とも新番組をスタートさせ、いずれも好評を博しているが、そんな中、去る1月14日夜に放送された玉木宏(34)主演のドラマ『残念な夫。』第1話に出演した乃木坂46の生田絵梨花に、早くも注目が集まっている。 このドラマの中で生田は、岸谷五朗演じる細井茂と、大塚寧々演じる妻・美和子の娘・美香を演じているが、ネット上のアイドルファンからは、ドラマの内容 [全文を読む]

フォーカス