黒澤明 羅生門に関するニュース

7・30シン・ゴジラの樋口真嗣監督が佐藤勝音楽祭トークゲスト。さらにプレトークは中みね子監督(岡本喜八夫人)

DreamNews / 2017年05月26日18時00分

コンサート詳細佐藤勝音楽祭2017年7月30日(日)開演14:00(開場13:30)渋谷区総合文化センター大和田4階さくらホール 演奏予定曲目山田洋次監督映画より幸福の黄色いハンカチ岡本喜八監督映画より肉弾、吶喊、独立愚連隊黒澤明監督映画より隠し砦の三悪人、用心棒、赤ひげゴジラシリーズよりゴジラの逆襲、ゴジラの息子、ゴジラ対メカゴジラ指揮:松井慶太オーケス [全文を読む]

黒澤明「羅生門」をリメーク、台湾の女性監督が発表、17年の公開目指す―台湾

Record China / 2016年05月16日19時20分

2016年5月15日、台湾の女性監督アリス・ワン(王毓雅)が、黒澤明監督「羅生門」のリメーク映画を制作することを明らかにした。聯合報が伝えた。 開催中の第69回カンヌ国際映画祭では14日(現地時間)、現地のホテルで「台湾ナイト」が行われた。これに出席した女性監督のアリス・ワンが、黒澤明監督「羅生門」のリメーク映画を制作すると発表した。 「羅生門」(50年) [全文を読む]

ギラつく若き三船敏郎が疾駆する極上の追跡劇!黒澤明『野良犬』【面白すぎる日本映画 第3回】

サライ.jp / 2017年05月03日17時00分

文・絵/牧野良幸黒澤明の映画をひとことで言えばズバリ「面白すぎる映画」だろう。当時、黒澤映画がどれほど映画館を湧かせたか想像に難くない。僕の世代ならジョージ・ルーカスやスティーヴン・スピルバーグの映画、いやそれ以上であったと思う。『野良犬』はそんな黒澤明の1949年(昭和24年)の作品である。ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞した『羅生門』や、『生きる [全文を読む]

「本来、葬式はめでたいもんだよ」(黒澤明)【漱石と明治人のことば120】

サライ.jp / 2017年04月30日06時00分

よく生きて、よく働いて、御苦労さんと言われて死ぬのは目出度い」 --黒澤明 映画界の世界的巨匠、黒澤明は明治43年(1910)東京で生まれた。四男四女の末っ子で、すぐ上の兄・丙午(へいご)に強い影響を受けて育ったという。丙午はその名の通り、明治39年(1906)の丙午(ひのえうま)の生まれ。のちに須田貞明の名前で活動弁士として活躍した。ついでに言っておくと [全文を読む]

半世紀を経て黒澤明監督作が世界の映画人に影響を与え続けるワケとは?

アサ芸プラス / 2017年01月26日05時59分

黒澤明監督の名作時代劇「七人の侍」(54年)と、そのリメイク版西部劇「荒野の七人」(60年)を原案とする「マグニフィセント・セブン」が1月27日に公開される。残虐の限りを尽くして町を支配する男の一味に、デンゼル・ワシントン演じる賞金稼ぎやギャンブラー、伝説のスナイパー、ネイティブ・アメリカンなど7人が挑むもので、立場が違う者たちの対立と和解を織り込んだ原案 [全文を読む]

黒澤明監督の未完作品の製作で、日中企業が提携へ

ガジェット通信 / 2017年05月23日10時00分

黒澤プロダクションと中国・浙江省のジンケ・エンターテイメントは、故・黒澤明監督の未完成あるいはタイトル未定の作品を製作するために提携したことを明らかにした。両社の初仕事は、未完成の映画『どっこい!この槍』(『Silvering Spear(英題)』)となる。 ジンケは中国のモバイルアプリのパブリッシャーであり、2015年に深セン株式市場に上場した。黒澤プロ [全文を読む]

「日本を代表する映画監督」と言えば…やはりあの人

NewsCafe / 2014年07月15日12時00分

1951年に黒澤明監督が「羅生門」で日本人監督初の金獅子賞を受賞、近年では1997年に北野武監督「HANA-BI」で同じく金獅子賞を、2005年に宮崎駿監督が栄誉金獅子賞を受賞している。受賞歴や興収だけが映画の評価基準ではないとはいえ、日本発の作品が海外でも評価されるというのは重要な出来事だ。NewsCafeでは「あなたが考える"日本人映画監督"の代表と作 [全文を読む]

名優の知られざる素顔 『サムライ 評伝三船敏郎』が発売

ダ・ヴィンチニュース / 2014年02月14日12時00分

『羅生門』、『七人の侍』、『用心棒』など数々の黒澤明映画に出演し、海外の映画人に多大な影響を与え、「世界のミフネ」とまで呼ばれた名優である。 1997年1月の三船の葬儀には、スピルバーグの他にもアラン・ドロン、フランスのシラク大統領(当時)ら錚々たるVIPたちがその死を惜しむ声を寄せている。だが海外からの反応に比して、葬儀に集まった人数は一般の弔問客は約1 [全文を読む]

京マチ子と中村鴈治郎の雨中の罵り合いは必見!小津安二郎『浮草』【面白すぎる日本映画 第2回】

サライ.jp / 2017年04月24日17時00分

京マチ子というと黒澤明の『羅生門』や溝口健二の『雨月物語』で見るように和風な雰囲気を醸し出す女優であるが(『赤線地帯』という例外もあり)、この京マチ子は浴衣を着ているのにもかかわらず、まるでヨーロッパ映画を見ているような美しさである。名カメラマン宮川一夫がシットリとした色調で撮っているせいかもしれない。カラー作品であることを感謝せずにはいられない。 一方 [全文を読む]

『七人の侍』『荒野の七人』リメイク作品『マグニフィセント・セブン』が全米初登場1位! 3日間で興収3500万ドル突破

AOLニュース / 2016年09月26日19時00分

黒澤明監督代表作『七人の侍』(54)、そして『七人の侍』のハリウッドリメイク版となる『荒野の七人』(60)。これら最高峰の名作たちを原案として、『イコライザー』(14)、『サウスポー』(15)など、重厚な男たちのドラマを描いてきたアントワーン・フークア監督のもと、デンゼル・ワシントン、クリス・プラット、イーサン・ホーク、イ・ビョンホンなど、個性&国際色豊か [全文を読む]

京都駅北口広場にでーんと羅城門登場!京都第二のシンボルとして、京都タワーとコラボレーション

ガジェット通信 / 2016年11月28日08時00分

芥川龍之介の小説や黒澤明監督の映画の舞台としても取り上げられ、「羅生門」という名称で知られてきました。今は実物を見ることはできませんが、10分の1に縮小された精巧な模型から当時の雄姿を想像してみませんか? 画像は筆者が撮影したものを使用しています。 ―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』 (執筆者: yasuu_kusayan) ※あなた [全文を読む]

東京都写真美術館がリニューアル!廃墟の美を撮る杉本博司展を開催

IGNITE / 2016年09月03日07時30分

〈仏の海〉 1995(展示風景) ©Sugimoto Studio さらに会期中、批評家・現代思想の浅田彰や写真家・編集者の都築響一との対談(9月3日)や、黒澤明監督の映画『羅生門 』の特別上映などの関連イベントも予定している。 日本初の写真と映像に関する総合的な美術館として誕生した東京都写真美術館の新しい歴史のスタートを飾る本展。 日本を代表するアーテ [全文を読む]

戦後70年を記念する特別企画『電子書籍で「戦後」を読む 70年の70冊』本日スタート!

@Press / 2015年07月17日12時00分

1945年・終戦 『日本のいちばん長い日 決定版』半藤一利 1950年・「羅生門」公開 『複眼の映像 私と黒澤明』橋本忍 1960年・浅沼稲次郎刺殺事件 『テロルの決算』沢木耕太郎 1973年・第1次オイルショック 『狼がやってきた日』柳田邦男 1986年・男女雇用機会均等法施行 『女たちのサバイバル作戦』上野千鶴子 1992年・天皇訪中 『中国共産党「 [全文を読む]

黒澤、小津を超える?溝口健二の評価、米で高まる“近代日本の抑圧された日本人女性を描いた”

NewSphere / 2014年05月12日11時50分

小津安二郎の「東京物語」は3位、「晩春」は15位、黒澤明の「七人の侍」は17位、「羅生門」は26位。それに対し溝口は「雨月物語」が50位にランクインしているだけである。 このことを米ザ・ニューヨーカー誌は「非常に残念なこと」とし、溝口の評価は高い。はたして溝口は黒澤・小津を超える評価を得ることができるのか。 【溝口健二の生涯】 溝口の略歴については米ユーヨ [全文を読む]

映画界でも活躍していたアダム・ヤウク(ビースティ・ボーイズ)

AOLニュース / 2012年05月07日16時30分

彼が同サイトで挙げた"名作10本"の中には、イタリアの巨匠フェデリコ・フェリーニ(『カビリアの夜』)や、黒澤明(『七人の侍』『用心棒』『羅生門』)、ニコラス・ローグ(『美しき冒険旅行』)などが含まれている。 ビースティ・ボーイズのヒストリー 【関連記事】映画界でも活躍していたアダム・ヤウク(ビースティ・ボーイズ)必見! 人気のセレブやモデルが出演の懐かしミ [全文を読む]

フォーカス