黒澤明 赤ひげに関するニュース

7・30シン・ゴジラの樋口真嗣監督が佐藤勝音楽祭トークゲスト。さらにプレトークは中みね子監督(岡本喜八夫人)

DreamNews / 2017年05月26日18時00分

コンサート詳細佐藤勝音楽祭2017年7月30日(日)開演14:00(開場13:30)渋谷区総合文化センター大和田4階さくらホール 演奏予定曲目山田洋次監督映画より幸福の黄色いハンカチ岡本喜八監督映画より肉弾、吶喊、独立愚連隊黒澤明監督映画より隠し砦の三悪人、用心棒、赤ひげゴジラシリーズよりゴジラの逆襲、ゴジラの息子、ゴジラ対メカゴジラ指揮:松井慶太オーケス [全文を読む]

全世界に衝撃を与えた黒澤明監督作品をU-NEXTで配信開始

@Press / 2015年04月22日14時45分

株式会社U-NEXT(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:宇野康秀)が運営する映像配信サービスU-NEXT(以下、「U-NEXT」:http://unext.jp)では、平成27年4月22日より、黒澤明監督作品24タイトルを順次配信開始いたします。黒澤明監督は、ダイナミックな映像表現とヒューマニズムに徹した作風で、数多くの作品を生み出した、映画史の中で最も [全文を読む]

ギラつく若き三船敏郎が疾駆する極上の追跡劇!黒澤明『野良犬』【面白すぎる日本映画 第3回】

サライ.jp / 2017年05月03日17時00分

文・絵/牧野良幸黒澤明の映画をひとことで言えばズバリ「面白すぎる映画」だろう。当時、黒澤映画がどれほど映画館を湧かせたか想像に難くない。僕の世代ならジョージ・ルーカスやスティーヴン・スピルバーグの映画、いやそれ以上であったと思う。『野良犬』はそんな黒澤明の1949年(昭和24年)の作品である。ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞した『羅生門』や、『生きる [全文を読む]

「本来、葬式はめでたいもんだよ」(黒澤明)【漱石と明治人のことば120】

サライ.jp / 2017年04月30日06時00分

よく生きて、よく働いて、御苦労さんと言われて死ぬのは目出度い」 --黒澤明 映画界の世界的巨匠、黒澤明は明治43年(1910)東京で生まれた。四男四女の末っ子で、すぐ上の兄・丙午(へいご)に強い影響を受けて育ったという。丙午はその名の通り、明治39年(1906)の丙午(ひのえうま)の生まれ。のちに須田貞明の名前で活動弁士として活躍した。ついでに言っておくと [全文を読む]

加山雄三の心に今も刻まれている黒澤明監督の言葉

NEWSポストセブン / 2016年10月04日16時00分

俳優・加山雄三(79)が、今も心に刻まれている黒澤明監督の言葉について振り返る。 * * * 黒澤監督に初めてお会いしたのは映画『椿三十郎』(1962年)でした。「とても怖い人だ」と聞いていたので、25歳と若手だった僕は緊張していたんですが、監督はこう言いました。 「お前は白紙でいいからな」 どういうことなのか、僕なりに色々と考えましたが、初めは分からなか [全文を読む]

巨匠たちに愛された銀幕女優・香川京子が語る黒澤明監督の遺作「自然に、肩の力を抜いてやれた好きな作品」BS12で『まあだだよ』ほか5月放送!

@Press / 2017年04月18日13時00分

黒澤明監督『まあだだよ』~自然に、肩の力を抜いてやれた好きな作品~ 5本目の黒澤作品です。『どん底』や『赤ひげ』など、それまでの4作は、異常な環境に置かれた役で、『まあだだよ』が一番私らしい役でした。でも、監督さんからのご注文が一切なかったので、自分で考えてやらなきゃいけなかった。ふだん家事をやっていなければ無理でしたね。家事をやっていてよかったと思いま [全文を読む]

加山雄三の限りない好奇心 油絵、陶芸、書道、ゲームまで

NEWSポストセブン / 2016年10月28日07時00分

上原謙と小桜葉子の俳優夫婦の間に生まれた加山雄三(79)は、「若大将」シリーズをはじめ、黒澤明監督の『椿三十郎』『赤ひげ』に出演するなど、若くして銀幕のスターとなった。しかし、近年「俳優・加山雄三」を見かけることがない。 「僕は、人生そのものを演じていると思って生きてきました。今、自分の人生を演じるためにメインにしているのは、大好きな音楽であり、絵を描くこ [全文を読む]

船越英一郎主演で名作時代劇「赤ひげ」が連ドラ化!

Smartザテレビジョン / 2017年04月18日06時00分

同作は、黒澤明監督の名作映画「赤ひげ」の原作である山本周五郎の傑作小説「赤ひげ診療譚」を連続ドラマ化したもの。江戸、小石川養成所を舞台に、無骨で謎めいた医師・赤ひげと青年医師との交流、そして貧しい患者や市井(しせい)の人たちの姿を描く。 患者には医術を施すだけでなく、患者の抱える事情にも踏み込み献身的に面倒を見る医師・新出去定、通称“赤ひげ”を演じるのは [全文を読む]

加山雄三 健康な肉体と若さを維持する秘訣は?

NEWSポストセブン / 2016年10月29日16時00分

1962年、黒澤明監督『椿三十郎』、1965年同『赤ひげ』に出演。同年リリースの『君といつまでも』がレコード大賞特別賞を受賞。2014年に結成したTHE King ALL STARSでフジロックフェスティバルに出演。今年、画業20周年を迎えた。「画業20周年記念 加山雄三アートの世界展」が10月27~30日/大丸心斎橋店北館14階イベントホール、11月23 [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「草刈正雄」(4)今の草刈さんなら三船敏郎も狙える

アサ芸プラス / 2016年10月23日17時57分

ぜひ、黒澤明監督のリメイク作とか、男臭いドラマにどんどん挑戦してもらいたいな。 [全文を読む]

TERRA BATTLE、250万ダウンロードを達成。3/31(木)に加山雄三氏による背景画をゲーム内に追加!

PR TIMES / 2016年03月30日12時00分

黒澤明監督の『椿三十郎』『赤ひげ』にも出演。歌手としては'65年に「君といつまでも」が大ヒット。以後も『お嫁においで』など数々のヒット曲を世に送り出す。幼少より作曲を始め、弾厚作のペンネームで、ロック・ポップスからクラシックまで幅広いジャンルの楽曲を創作し続けている。芸能生活45周年においてはニューヨーク・カーネギーホールでのコンサート、また50周年には東 [全文を読む]

内藤洋子「アメリカ移住で絵本作家に転身」

アサ芸プラス / 2013年06月26日10時00分

黒澤明監督の「赤ひげ」に抜擢され、一躍「永遠の美少女」と絶賛された内藤洋子は今、喜多嶋洋子(63)の名で在米の童話作家として知られるようになった。絶頂期の70年に音楽家・喜多嶋修氏と結婚、引退。めったにマスコミの取材は受けないという彼女を国際電話で直撃した。 * ──04年の「天使の羽音~山鳩からの贈り物」で絵本作家デビューして、最近作は07年の「ホーじい [全文を読む]

フォーカス