市川海老蔵 市川猿之助に関するニュース

​​上妻宏光​、各界のトップランナーとコラボしたイベントが大成功

okmusic UP's / 2015年08月31日16時00分

この曲は昨年、市川海老蔵氏の自主公演「ABKAI 2014」のために上妻が書き下ろした楽曲だ。三味線と小鼓のコラボに会場中が惹きこまれる。 その後、和装に着替えて登場した上妻は、フラメンコギタリスト・沖 仁とのジャンルを越えたコラボによる「卯月花嵐」(うげつはなあらし)を披露。東西の撥弦楽器が出会い、それぞれの違いと共通性を浮き彫りにし、ぶつかり合うさまは [全文を読む]

直木賞作家・松井今朝子が語る「世代交代進む歌舞伎」の魅力

NEWSポストセブン / 2014年07月19日16時00分

市川海老蔵の人気もさることながら、片岡愛之助が『半澤直樹』でブレイクしたり、尾上松也が前田敦子との熱愛で話題になったりなど、何かと注目を浴びている今の歌舞伎界。とはいうものの、歌舞伎に興味はあるけどなんだか難しそう…と敬遠している人も多いのでは? 1964年公開の映画『月曜日のユカ』出演時の加賀まりこ(当時20才!)の表紙が話題となっている50代以上の女性 [全文を読む]

香川照之 歌舞伎界入りを発表した9月からほとんど稽古せず

NEWSポストセブン / 2012年03月18日07時00分

一度、“お父さん、お父さん”となりすぎて、猿之助さんにいやがられてしまったために、いまは気持ちを抑えているといった状況で、微妙な距離があるみたいですね」(別の梨園関係者) ※女性セブン2012年3月29日・4月5日号 【関連ニュース】歌舞伎界入り宣言の香川照之に「亀治郎より目立つな」の批判香川照之の歌舞伎界入りで市川海老蔵の立場が危ういと評論家香川照之歌舞 [全文を読む]

猿之助、裸芸のギリギリ…6月会見雑感

NewsCafe / 2017年06月30日14時09分

市川海老蔵(39)の涙の会見には、約400人の報道陣が押し寄せ、混乱状態。もらい泣きしている記者も多かった一方で、フラッシュ撮影規制を守らないカメラマンにはガッカリしました」 デスク「昔から変わらない問題だ。さて、改めて6月の印象的だった会見・イベントは?」 記者「上旬、EXILEのAKIRA(35)がメモリアルブックの発売記念イベントを行ったんですが、出 [全文を読む]

『花戦さ』で千利休演じた佐藤浩市 「静」の眼力を表現

NEWSポストセブン / 2017年06月07日07時00分

というわけで、これまでにも大河ドラマでは『黄金の日日』の鶴田浩二、『秀吉』の仲代達矢、『江~姫たちの戦国』の石坂浩二、『軍師官兵衛』の伊武雅刀、近年では『真田丸』の桂文枝、映画では1989年の『利休』で佐藤浩市の父三國連太郎、『利休にたずねよ』の市川海老蔵などが演じてきた。 利休俳優たちに共通するのは、「眼力」だ。茶道具はじめ、「美」を見極める眼力と、俳 [全文を読む]

中村勘九郎も恋ダンス?時事ネタ、パロディー満載の新作歌舞伎

Smartザテレビジョン / 2017年04月21日19時46分

かぐや姫(市川猿之助)が、仕える局たちに大けがを負わせるほどの凶暴な性格が原因で、地球での修業を課せられることになり、おじいさん(尾上菊之助)とおばあさん(市川海老蔵)の下で大暴れするという奇想天外なストーリー。 物語の中で演者が“恋ダンス”を披露したり、大流行した“あの太郎”を歌って踊ったりするなど普段の歌舞伎では見られない舞台が展開される。 さらに、中 [全文を読む]

【おんな城主直虎】「井伊氏最大の敵」武田信玄は誰が演じるのか

しらべぇ / 2017年03月19日10時00分

先ごろ、歌舞伎俳優の市川海老蔵が織田信長を演じることが発表されたばかり。だが、この作品のもうひとりの「巨頭」であるはずの武田信玄役は、まだ誰が抜擢されるか判明していない。もちろん役者の名はすでに決まっているはずだが、NHKは前作同様徹底した秘密主義を貫いている。誰が「甲斐の虎」を演じるのか。大河ファンの間では日に日に議論が加熱している。■貧しかったからこそ [全文を読む]

【大胆予想!】2020東京五輪・開会式を手がけるクリエイターたち

ガジェット通信 / 2016年08月13日14時00分

では、4年後の歌舞伎界のトップスターは誰か?市川海老蔵です。海老蔵を筆頭に、歌舞伎界の売れっ子たちが一堂に会した『花形歌舞伎』メンバーによる歌舞伎ステージは、是非実現して欲しいものです。ライブショーとしての演出は、演劇界からいのうえひでのり辺りが適任ではないでしょうか? テーマ音楽は坂本龍一、国歌独唱が悩ましい・・・ 世界的に知られた作曲家と言えば第一に挙 [全文を読む]

「梨園の妻」の重責 200以上の演目にも精通する必要あり

NEWSポストセブン / 2016年06月29日07時00分

市川海老蔵(38)は妻・小林麻央(33)の乳がん闘病を告白した会見で、昨年11月の長男・勸玄くん(3)の「初お目見え」の際、麻央が病院から歌舞伎座へと通っていたことを明かしながら、彼女の気概についてこう語った。 「覚悟を決めた上で向かったわけです」 自らの命を削ってでも、お家の未来を占う一大事を見守る。それほど“梨園の妻”は重責を担っているのだ。二代目市川 [全文を読む]

「それでもやる!」藤原紀香・片岡愛之助、逆風の中で披露宴中継“強行”の狙い

日刊サイゾー / 2016年06月09日13時00分

招待客だけでも坂田藤十郎、尾上菊五郎、松本幸四郎などの大御所をはじめ、市川海老蔵、市川猿之助、市川染五郎など、豪華メンバーになりそうだ」とは梨園関係者。 そうなると、次に注目されるのは結婚披露宴のテレビ中継だ。前回、紀香と陣内の披露宴の模様は日本テレビが中継し、関東地区で、平均視聴率24.7%(ビデオリサーチ調べ/以下同)の高視聴率を記録。テレビ的には、芸 [全文を読む]

またやるの?藤原紀香、5億円披露宴報道に「金の無駄」「厚顔無恥」の声が…

アサジョ / 2016年06月07日09時59分

それによると招待客は約700人で、歌舞伎界だけでも坂田藤十郎、尾上菊五郎、松本幸四郎などの大御所をはじめ、市川海老蔵、市川猿之助、市川染五郎など人気役者が顔をそろえるという。その総額は5億円にもなるとみられている。 これに対しネット民は「またやるの?」と手厳しい。「前回も5億円かけてあっという間に離婚したでしょ、お金のムダムダ」「愛之助さんは初婚でもお子 [全文を読む]

藤原紀香 2度目披露宴は5億円!不安材料は“海老蔵の毒舌”

WEB女性自身 / 2016年06月02日06時00分

歌舞伎界だけでも坂田藤十郎、尾上菊五郎、松本幸四郎などの大御所をはじめとして、市川海老蔵、市川猿之助、市川染五郎など、そうそうたるメンバーが出席する見込みだ。 「歌舞伎関係者以外だと、愛之助が共演している『真田丸』のメンバーが多数呼ばれるようです。堺雅人、草刈正雄、大泉洋、長澤まさみ、などですね。また紀香と愛之助が共演したNHKドラマ『ある日、アヒルバス』 [全文を読む]

藤原紀香、結婚会見へ批判噴出の理由…「自分に酔ってる」「勝ち誇った笑顔」

Business Journal / 2016年04月06日07時00分

たとえば、市川海老蔵や市川猿之助、市川染五郎、中村勘九郎などはそういう役を務める機会は多いですが、愛之助の場合は本流ではないため、舞台の役はたくさんあり、引っ張りだこ状態ですが、歌舞伎の舞台での座頭というと、なかなか機会に恵まれない。これは、藤原が愛之助のご贔屓筋のお出迎えをするような機会は少ないということを意味します」 また、歌舞伎界に詳しいスポーツ紙関 [全文を読む]

妹・麻央が心配する「“結婚できない女”小林麻耶」があの歌舞伎役者に猛烈アタック?

アサ芸プラス / 2015年06月16日05時57分

男に縁がないと思いきや、妹で市川海老蔵の妻・麻央(32)のツテを使ってお相手と急接近をはかっていた。「早くいい人と結婚してもらいたい」 小林麻央は姉についてことあるごとに周囲にこうコボしているという。歌舞伎の興行を独占的に手がける松竹関係者が明かす。「麻央さんは、自分の息子と娘を麻耶さんがとてもかわいがっている姿を見て、お姉さんがいかに家庭を持ちたいのかを [全文を読む]

梨園の洗礼 水色の着物姿の麻央は「ドラえもん」と嘲られた

NEWSポストセブン / 2015年02月23日07時00分

あまりに安い着物や地味なものでもダメで、“あの着物、ほんものじゃないわよね”などと、陰口をたたかれることにもなりかねません」 市川海老蔵(37才)の妻、小林麻央(32才)も着物選びで“洗礼”に遭ったひとり。 「お嫁さんになりたてのころ、麻央ちゃんはとても若い娘さんとは思えないような地味な水色の着物を着ていて一部の人たちから、“ドラえもんみたいね”と失笑を買 [全文を読む]

【ウラ芸能】香川照之、歌舞伎界で倍返し

NewsCafe / 2013年09月21日15時00分

幸四郎のほうは若い時からテレビやミュージカルに出てきたこともあり、香川には親近感を持っているし、2人の利害も一致、と」デスク「歌舞伎界の本流である成田屋は市川海老蔵(35)の父、市川団十郎(享年66)が今年2月に亡くなったばかりで、歌舞伎界の勢力地図にも変化が出てるってか」記者「そのあたりの力学を見ながら、幸四郎にスリ寄る香川の倍返しが始まりそうです」デス [全文を読む]

市川海老蔵、中村勘九郎ら人気歌舞伎俳優が雨天の銀座でお練り

WEB女性自身 / 2013年04月02日00時00分

3月27日、歌舞伎座のリニューアルオープンを記念し、銀座・春のパレード『GINZA 花道』に市川海老蔵(35)、中村勘九郎(31)、市川猿之助(37)ら人気歌舞伎俳優63人が参加し、大通りを練り歩いた。この日はあいにくの雨模様となったが、およそ3万2千人ものファンが沿道に詰めかけ、声援を送っていた。このパレードに先立ち行われた式典では、日本俳優協会会長の坂 [全文を読む]

亀治郎 香川照之への注目を「面白くないと思っている」の証言

NEWSポストセブン / 2012年05月15日07時00分

亀治郎さんは、誰よりも歌舞伎に対して真摯に向き合っていますから、本当の意味での“歌舞伎役者”とはいえない香川さんにイライラしてしまうのかもしれませんね」(前出・歌舞伎関係者) ※女性セブン2012年5月24日号 【関連ニュース】香川照之の歌舞伎界入りで市川海老蔵の立場が危ういと評論家歌舞伎界入り宣言の香川照之に「亀治郎より目立つな」の批判亀治郎 香川照之長 [全文を読む]

亀治郎 香川照之長男の猿之助襲名を「ボンクラだったら×」

NEWSポストセブン / 2012年04月01日07時00分

※女性セブン2012年4月12日号 【関連ニュース】歌舞伎界入り宣言の香川照之に「亀治郎より目立つな」の批判香川照之の歌舞伎界入りで市川海老蔵の立場が危ういと評論家香川照之 歌舞伎界入りを発表した9月からほとんど稽古せず青い3人組・ブルーマン創始者が初めて明かした歌舞伎の影響香川照之 「歌舞伎だけはやらない」と公言していた高校時代 [全文を読む]

フォーカス