プロ野球 斉藤和巳に関するニュース

00年代パの二大投手、斉藤和巳VSダルビッシュ「全盛期どっちが凄い?」ネットで激論

AOLニュース / 2014年11月06日12時50分

現在に至るメジャーでの活躍など記憶が鮮明なダルビッシュを推す意見が圧倒的に多いが、満身創痍で王監督を胴上げするために投げ抜いた斉藤和巳の存在感は10年近く経過した今もプロ野球ファンには強く印象に残っているようだ。 なおセ・パ両リーグに所属した山崎武司は佐々木主浩、黒田や上原、岩隈といった名投手を差し置き斉藤和巳を「最高のフォークを投げる投手」と賞賛している [全文を読む]

野球好きの上司と話を合わせる“ツボ”教えます!

週プレNEWS / 2014年04月04日11時00分

また、野球好きの上司ならば、きっと『プロ野球ニュース』(フジテレビ)の視聴者だったはずだ。 『プロ野球ニュース』は1976年から94年にかけて放送された、プロ野球全試合のダイジェストを見せる野球ニュース番組(現在はCSで放送中)。名司会者・佐々木信也(元大毎オリオンズほか)を懐かしむ声は今なお多い。もしキミが番組の名物コーナー「今日のホームラン」でかかる [全文を読む]

石川梨華も結婚! プロ野球選手は、なぜモテる?

日刊大衆 / 2017年05月04日18時05分

」元メンバーの石川梨華(32)が、プロ野球・埼玉西武ライオンズの野上亮麿投手(29)と約3年半の交際を経て結婚した。石川は「彼と出会い、同じ時を過ごしていくうちに新しい幸せを感じるようになりました。どんな時でもお互いに支え合い、ともに歩んでいきたい」とブログにてコメント。すでに同居しているが、挙式、披露宴はまだ未定だという。 プロ野球選手との結婚は、多くの [全文を読む]

「陸前高田 応援マラソン大会2016」日本プロ野球史上7人目の投手5冠に輝いた、 元福岡ソフトバンクホークス投手 斉藤和巳さん応援ランナーとして大会参加決定!!

PR TIMES / 2016年10月05日10時35分

[画像2: http://prtimes.jp/i/3301/314/resize/d3301-314-485619-1.jpg ]・生年月日 1977年11月30日(38歳)・出身地 京都府・所属 TVQ九州放送野球解説者西日本スポーツ評論家・ポジション 投手(右投げ/右打ち)・主な獲得タイトル 沢村賞:2回(2003年、2006年) 最優秀投手:3回( [全文を読む]

スザンヌ離婚に西川史子「絶対離婚すると思った」

デイリーニュースオンライン / 2015年03月23日12時15分

「産後の大変な時期に オムツも替えない育児手伝わない 他の女と浮気とか斉藤和巳ってクズ」「プロ野球選手としては一流だったけど人間性、特に女性関係では最悪だからな」「えらい言われようだわね…。でも奥さんにメールでの別れ話はないわぁ…」 と、厳しい声が続々と上がっている。 離婚会見で「夫婦にはなれたけど、家族にはなれなかった」と、大粒の涙を流したスザンヌ。シ [全文を読む]

「現役引退」斉藤和巳を田中将大は超えられるか?

アサ芸プラス / 2013年10月07日09時59分

プロ野球選手の発する言葉に感銘を受けたことはほとんどないが(その多くが言わされてる感がありありだからだが)、現役引退を表明したソフトバンクの斉藤和巳氏の「正直、ケガして良かった」にはグッとくるものがあった。 実際には、野球選手がケガをして良いことなど一つもない。とくに投手なら、スピードは落ちる、キレがなくなる、スタミナも戻らない、三重苦とも言っていい。事 [全文を読む]

​【感動動画】福岡ソフトバンクの伝説の投手・斉藤和巳のadidas CMが泣けると話題

AOLニュース / 2013年07月12日13時20分

マー君こと楽天・田中投手の開幕12連勝が話題を呼んでいるが、さかのぼること8年前の2005年、プロ野球タイ記録となる開幕15連勝を達成し、「絶対的エース」と呼ばれた男がいたのを覚えているだろうか。野球を知らない人には「スザンヌの旦那」と言った方が通りがいいかもしれないが、野球ファンの間では「復活を望む選手」として今も真っ先に名前が挙がる伝説の投手・斉藤和巳 [全文を読む]

【プロ野球】侍ジャパン監督を退任した小久保裕紀氏はどこへいく? 指揮を執りそうなチームを大胆予想!

デイリーニュースオンライン / 2017年03月30日17時05分

これからも小久保兄やんを応援します! 【関連記事】 [全文を読む]


【プロ野球】ソフトバンクの黄金ルーキー・田中正義の2017年、最適な起用法はリリーフだ!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月22日17時05分

友達の友達なので直接面識は全くもってないが、個人的に応援したい! 【関連記事】 [全文を読む]

スポーツの楽しさを体感できるスペシャルイベント「J:COM Presents アスリートと一緒に大運動会!!」開催 / プロサッカー選手・中澤佑二さんと野球解説者・斉藤和巳さんが登場

PR TIMES / 2016年11月01日16時20分

紅組キャプテンには、サッカー日本代表で出場試合数歴代4位という輝かしい実績をもち、今なお現役で活躍するプロサッカー選手・中澤佑二さん、白組キャプテンには、2006年に日本プロ野球史上7人目の投手五冠王、さらに沢村賞を二度受賞するなど記憶に新しい元福岡ソフトバンクホークス・斉藤和巳さん(野球解説者)。お二人のレジェンドアスリートをキャプテンにお迎えし、参加者 [全文を読む]

【プロ野球】リーグ1位通過でのCS突破率は100パーセント! 日本ハム・北海道移転後の全優勝をプレイバック!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月11日16時05分

まずは直前に控えたCSの戦いが重要ではあるが、筆者としては2012年に東京ドームに置いてきた「忘れ物」を是非とも勝ち取ってもらいたい! 文=サトウタカシ (さとう・たかし) 【関連記事】 [全文を読む]

『もっと自由に、もっと楽しく野球を語りたい』野球に特化したキュレーションサービス「BaseBall Crix」の事前登録開始

PR TIMES / 2016年02月18日16時27分

[画像1: http://prtimes.jp/i/7870/25/resize/d7870-25-585651-5.jpg ] 時代を彩ってきた、その時代を盛り上げてきた僕らのヒーローとも言うべき、プロ野球OBたち。 彼らをPro Crixと呼び、日々の最新野球ニュースに対してPro Crix自らのコメントを付加することで、ニュース記事の価値を高め、ユ [全文を読む]

斉藤和巳氏と不倫疑惑の上田桃子“超肉食系”素顔「軽率な行動」の数々が明らかに……

日刊サイゾー / 2015年03月27日09時00分

プロ野球選手・斉藤和巳氏との不倫騒動で批判を浴びていた女子プロゴルファーの上田桃子が、3月27日からの国内ツアー「アクサレディス」を、体調不良で欠場すると発表。同時に「今後あのような誤解をされる事のないよう、また、軽率な行動に見えぬよう、気をつけて行きたい」と謝罪した。開幕から3試合連続トップ10入りと好調な中での欠場は、不倫騒動の余波であることが明らか [全文を読む]

微妙なプロ野球選手と結婚する女性有名人6人の謎!

tocana / 2017年03月27日13時00分

の元メンバー・石川梨華が3月13日にプロ野球・埼玉西武ライオンズの野上亮磨投手と結婚し、婚姻届を提出した。野上はスリークォーター気味の右投手で、毎年、先発ローテーションを期待されているものの、先発と中継ぎを行ったり来たりするような微妙な立場の投手だ。二けた勝利を挙げたのは2013年の1回。現在29歳、そろそろ投手として一人前にならなければならない時期である [全文を読む]

やっぱりスザンヌは可愛い! バラエティ露出増でビジュアル評価も再上昇

メンズサイゾー / 2017年03月22日20時30分

2011年に当時プロ野球・ソフトバンクホークスの投手だった斉藤和巳氏(39)と結婚した彼女は、子宝に恵まれたものの15年3月に離婚した。 現在シングルマザーの彼女は、出身地の熊本を拠点に芸能活動を展開中。子育て中心の生活を続け、東京や大阪で仕事がある際には、そのたびに熊本から現場に向かっている。 ブレイク時に比べて露出を減らしたスザンヌには、「干された?」 [全文を読む]

「J:COM Presents アスリートと一緒に大運動会!!」開催 プロサッカー選手・中澤佑二さんと野球解説者・斉藤和巳さんが登場(11月27日)

PR TIMES / 2016年11月28日10時11分

紅組キャプテンには、サッカー日本代表で出場試合数歴代4位という輝かしい実績をもち、今なお現役で活躍するプロサッカー選手・中澤佑二さん、白組キャプテンには、2006年に日本プロ野球史上7人目の投手五冠王、さらに沢村賞を二度受賞するなど記憶に新しい元福岡ソフトバンクホークス・斉藤和巳さん(野球解説者)。お二人のレジェンドアスリートをキャプテンにお迎えし、玉入れ [全文を読む]

“離婚特需”完全終了のスザンヌ、ニューヨークへ「里田まいのコメント取り」を本業に!?

日刊サイゾー / 2015年06月20日11時00分

ニューヨークへ行ったのも、そのひとつかもしれません」(芸能事務所関係者) 今年3月、元ソフトバンクホークス投手でプロ野球解説者の斉藤和巳と離婚したタレントのスザンヌ。離婚直後はワイドショーをはじめバラエティにも多数出演するなど、ひっぱりだこ。最近は熊切あさ美などにアドバイスを送るなど、メディアに出る機会は多かった。 「本人としては、今後もバラエティでやって [全文を読む]

元夫を責めないスザンヌ、「今でも仲良し」を猛アピールの新山千春……“離婚ママタレ”の新必勝パターンって!?

日刊サイゾー / 2015年04月23日00時00分

プロ野球選手・斉藤和巳氏と離婚したスザンヌの好感度が、うなぎ上りだ。 21日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)に出演したスザンヌは、破局した理由について、「最初にいいところを見せようと頑張りすぎた」「料理も最初はできなかったけど、頑張って作りすぎちゃって。そういうのを当たり前にしちゃった」と自責の念を吐露。共演の重森さとみが、「元旦那さんのことをす [全文を読む]

涙の離婚会見で好感度を上げたスザンヌに“離婚特需“の兆し!?

メンズサイゾー / 2015年04月09日17時30分

昨年末にプロ野球・埼玉西武ライオンズの2軍内野守備走塁コーチである黒田哲史氏(40)と離婚したタレントの新山千春(34)は、今年1月の『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)出演時に、離婚原因は早い時間に寝る夫との間にすれ違いが生じ、夫婦の時間が持てなかったことだと明かしましたが、視聴者からは『元夫が反論できない状況で暴露するのはおかしい』『子供への影響 [全文を読む]

フォーカス