赤塚不二夫 藤子不二雄に関するニュース

手塚治虫、藤子不二雄を輩出した「トキワ荘」を再現=若手漫画家を育成、『鉄腕アトム』『ドラえもん』に続け!―日本が主導、中韓でも大ブーム

Record China / 2016年05月03日03時30分

手塚を慕って入居したのが藤子不二雄、赤塚不二夫、石森章太郎たち。『幼年クラブ』などを担当していた上杉さんは若い彼らに4コマ漫画の競争をさせた。当時20代の上杉さんは安月給の中から食事をおごり、『ドラえもん』の作者・藤子はじめ多くの漫画家の引っ越しも手伝った。「彼らが書いた漫画を、会社へ持ち帰って編集長の決定を仰ぎ、トキワ荘を再訪する。彼らは小遣いを稼ぎ、生 [全文を読む]

ドラえもんの黒歴史(後)藤子不二雄の解散はドラえもんのせいだった!

リテラ / 2014年08月21日12時00分

藤子不二雄の2人とトキワ荘時代からの知人で、赤塚不二夫のブレーンを務めていたマンガ家・マンガ評論家の長谷邦夫氏は、『漫画に愛を叫んだ男たち』(清流出版)にこう書いている。 [全文を読む]

AUTO-MODらによるオムニバス盤『時の葬列』は日本のロックシーンに多大なる影響を与えた意欲作

okmusic UP's / 2016年07月27日18時00分

『スポーツマン金太郎』といった代表作はあるものの、漫画家としてのネームバリューは後輩である藤子不二雄Ⓐ、藤子・F・不二雄、石ノ森章太郎、赤塚不二夫らに遠く及ばない。しかし、氏はトキワ荘のリーダー的な存在として、漫画関係はおろか、後輩たちの私生活の相談に乗るような人物だったらしく、寺田ヒロオという存在がなかったら、『オバケのQ太郎』も『サイボーグ009』も『 [全文を読む]

池袋にジャングル大帝・レオ&ライヤのモニュメント出現!! 豊島区が新旧アニメ・マンガの聖地化に本気出してきた…

おたぽる / 2016年05月03日11時00分

まず昭和28年に手塚治虫がトキワ荘へ入居したところから、彼を慕い、寺田ヒロオ、藤子不二雄、石ノ森章太郎に赤塚不二夫と、後のマンガ界を牽引する、とんでもない巨匠たちが集まったことで伝説となったアパートだ。トキワ荘はすでに解体され、跡地に立てられたモニュメントだけになってしまっているが、マンガの聖地として今も多くのファンが訪れる。 今回は、そのトキワ荘跡地を中 [全文を読む]

「こりゃあ見に行くしかないな!」石ノ森章太郎の素顔に迫る展示会開催決定にファン歓喜!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月14日18時00分

寺田ヒロオ、藤子不二雄、鈴木伸一、森安なおや、赤塚不二夫など、漫画家を目指す若き同志とともにトキワ荘に住み、切磋琢磨して漫画を描き続ける日々。高校生で描いた『二級天使』でデビュー後、日々漫画を量産し続けた割には際立っていいものが描けなかった石ノ森は、「売れる」ことばかりに注視して、映画や小説の内容を拝借したものばかりを描き、読者からはねられる存在だったとい [全文を読む]

プロダクション・システムと日本型モノづくり 漫画アニメ立国論 その6

Japan In-depth / 2016年04月05日07時00分

たとえば赤塚不二夫のフジオ・プロは、これまた紹介済みの『BARレモンハート』など,漫画の中で多彩なウンチクを披露する古屋三敏、あるいは『釣りバカ日誌』(やまさき十三・原作 小学館)の北見けんいちらを輩出している。 私が何を言いたいか、お分かりであろうか。 池井戸潤氏の直木賞受賞作で、ドラマもヒットした『下町ロケット』(小学館)の例を引くまでもなく、日本経済 [全文を読む]

漫画の街・吉祥寺で開催中!手塚治虫文化祭〜キチムシ‘15

しらべぇ / 2015年12月18日16時00分

東京都豊島区に存在した伝説のアパートで、手塚氏をはじめ、赤塚不二夫氏、石ノ森章太郎氏、藤子不二雄氏など著名な漫画家が居住していたことで有名である。そんなトキワ荘から時間と場所を隔て、西東京に位置する吉祥寺が漫画家の街として活気づいている。吉祥寺と漫画の組み合わせに馴染みのない方も多いかもしれないが、実は、吉祥寺を根城とする漫画は意外と多い。いしかわじゅん、 [全文を読む]

公式作家になれば「毎月20万円+インセンティブ」 ―マンガ家がデジタルで描くべき理由をcomico担当者が、Amazon担当者が語る

ダ・ヴィンチニュース / 2015年04月12日11時30分

漫画の神様・手塚治虫をはじめとして、赤塚不二夫、石森章太郎、藤子不二雄(藤子不二雄A、藤子・F・不二雄)など、後に誰もが知る有名漫画家たちを輩出したアパートだ。【画像あり(全11枚)】詳しい情報はこちらから その役割は、住居だけでなく、志を同じくする仲間同士が切磋琢磨しあって漫画に打ち込める環境を提供することでもあった。 2015年現在、その建物は跡形もな [全文を読む]

竹宮惠子×内田樹が語る!マンガ発展の背景には戦争の○○があった!

Woman Insight / 2015年01月28日21時00分

彼が最前線で自由な創造活動を行うことで、石ノ森章太郎、ちばてつや、藤子不二雄、赤塚不二夫など、10代の若い才能がみんな彼に続きました。 内田 そういうジャンル草創期の自由と活気に引き寄せられて一〇代のクリエイターたちがマンガの世界に集まってきて、文化的創造の最先端に立った。これほど若い世代が前線に立ったジャンルって、日本文化を振り返ってもマンガの他にはなか [全文を読む]

フォーカス