浅倉大介 プロデュースに関するニュース

注目のホストバンド・BugTheMicが浅倉大介プロデュース曲でメジャーデビュー決定

okmusic UP's / 2016年02月29日17時00分

【その他の画像】浅倉大介90's ビートを彷彿させるダンスロックにのせて全壊で悲哀を訴え叫ぶ No.1 キャスト・愛条ヒカルのエンターテインメント性溢れるパフォーマンスと、無駄に(?)演奏スキルの高い楽器陣が話題となっている彼らのデビューシングル「バンビーナ~哀しき男のサガ~」は、なんとプロデューサーに浅倉大介を迎えた楽曲。DAサウンド全開のブチアゲトラッ [全文を読む]

ピコ太郎以外も! ガチで音楽活動している芸人たち

日刊大衆 / 2017年05月06日18時05分

また、藤井隆(45)も2000年に浅倉大介(49)のプロデュースにより『ナンダカンダ』で歌手デビューし、スマッシュヒットを飛ばすなど人気を獲得。2014年には音楽レーベル『SLENDERIE RECORD』を立ち上げ、「1年前から音楽で何か形にできればと思った。名前の通り細く長く続けていきたい」と抱負を語っている。 また、お笑いコンビのどぶろっくは、20 [全文を読む]

TVアニメ『クラシカロイド』挿入歌アルバム『クラシカロイド MUSIK Collection Vol.1』12月21日発売!

DreamNews / 2016年11月21日17時00分

それらの楽曲を収録した挿入歌アルバム『クラシカロイド MUSIK Collection Vol.1』が12月21日発売!CD試聴はコチラ→試聴URL:https://youtu.be/XOUeXEMSRMY 【ムジークプロデューサー】布袋寅泰 ベートーヴェンtofubeats モーツァルト浅倉大介 リストEHAMIC ショパンつんく バッハ/チャイコフスキ [全文を読む]

音楽専門誌4誌がプロデュースするワークショップ・イベントに Do As Infinityがスペシャル・ライヴ・ゲストとして登場!

PR TIMES / 2014年09月29日12時18分

浅倉大介、ken(L’Arc~en~Ciel)、亀田誠治、河村“カースケ”智康の人気アーティストの出演決定に続き、スペシャル・ライヴ・ゲストとしてDo As Infinityの登場が決定したことをお知らせいたします。“プロフェッショナル・ワークショップ Powered by RittorMusic”は、11月21日から23日までの3日間、東京ビッグサイトに [全文を読む]

TVアニメ「クラシカロイド」公式Twitterの自由過ぎる実況が「面白すぎる」と話題!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月15日15時00分

さらに布袋寅泰、つんく♂、浅倉大介などのアーティストが音楽をプロデュースしている。 そして待望の一話目。どんな内容かと思えば、餃子の焼き方や、作り方などが描かれるという、まさかの餃子尽くし! アニメに対する感想も「餃子が食べたくなった」「音楽アニメだと思ってたら餃子に命をかけるアニメだった」「クラシカロイドは杉田が餃子作るアニメだぞ」と餃子だらけ。一話目か [全文を読む]

「でぶせん」主題歌にSPユニット・どるせん from TPD

Smartザテレビジョン / 2016年08月05日06時00分

TPDと言えば、'16年第1弾シングルとして浅倉大介書き下ろしによる高速エレクトロダンスナンバー「逆光×礼賛」を3月にリリースし、グループ最高となるオリコン週間ランキング2位を獲得。5月には、NHK-WORLDとのコラボレーション企画で、NHKマスコットキャラクターの“どーもくん”とTPDによる新ユニット「東京パフォーマンスどーも」(TPDomo)を結成し [全文を読む]

藤井隆、妻・乙葉を引っ張り出して「高橋ジョージ・三船美佳夫妻」の後釜を狙う? オカマキャラ解禁は……

おたぽる / 2015年08月28日10時00分

『HOT! HOT! ダンス』などのギャグを持つオカマキャラでブレークし、音楽バラエティ番組『Matthew’s Best Hit TV』(テレビ朝日系)でのMatthew南というイギリス出身のキャラクターで人気を集め、浅倉大介プロデュースによるシングル「ナンダカンダ」で歌手デビューし、『NHK紅白歌合戦』(NHK)出場まで果たしたのだが、2005年に乙 [全文を読む]

中森明菜、5年半ぶりの新曲が配信スタート!

okmusic UP's / 2014年12月31日00時00分

【その他の画像】中森明菜中森明菜がファンのみなさんの為に制作した、現在の全てが詰まった新曲「Rojo -Tierra-」はなんとAKINA風EDM! サウンド面は数々アーティストのプロデュースを手がけてきた浅倉大介と、中森明菜の楽曲も数多く手がけている鳥山雄司がタッグを組んで制作。 エキゾチック・エレクトロニック・ダンス・ミュージックが特徴的な楽曲はアフ [全文を読む]

音楽専門誌4誌がプロデュースするワークショップ・イベント 11月22日に開催決定! 【9月26日(金)正午より観覧応募受付開始】

PR TIMES / 2014年09月25日12時32分

『キーボード・マガジン』のワークショップには、本誌の連載などでもお馴染みのキーボーディスト浅倉大介が登場し、豊富な知識と経験をもとに、シンセサイザーの面白さを解説していきます。各シンセ・メーカーの開発者/企画者を迎え、シンセサイザー・トークを繰り広げるほか、ライヴ・パフォーマンスも披露。シンセサイザーをあまり知らないという人から、音楽活動に全面的に取り入れ [全文を読む]

インタビューにならない……だと? 藤井隆の新企画発表会でレイザーラモンRGの実力を見た

Entame Plex / 2014年09月21日06時59分

藤井と音楽との関係は深く、今までにも浅倉大介プロデュース『ナンダカンダ』でNHK紅白歌合戦に出場し、歌手としてロスでワールドツアーを行った経験も。はたして今回始動したレーベルはどんな展開をみせるのか?9月18日、新宿のイベント会場で開催されたそのレーベル『SLENDERIE RECORD』の発表記者会見には藤井隆、椿鬼奴、レイザーラモンRGが姿を見せた。細 [全文を読む]

さくらももこの公式WEBサイト「momoko planet」で、“ ライムwithコジコジバンド ”デビュー曲、“ 松雪陽 ”新曲、12月7日 2曲同時に配信スタート

@Press / 2012年12月07日13時00分

1995年に浅倉大介プロデュースのボーカルユニット「LAZY KNACK」(レイジーナック)としてデビュー。デジタルとロックを融合した音楽性をベースに活動。 イギリスへの音楽留学の経験を生かし2年間の活動の後期はセルフプロデュースをするなど16~18才で音楽の礎を築く。 「LAZY KNACK」解散後にはソロプロジェクト「RED」としてのデビューを経て様 [全文を読む]

フォーカス