藤田まこと 必殺仕事人に関するニュース

アヘン戦争!メタ推理!騎兵隊!過去の「必殺スペシャル」を振り返ってみた

デイリーニュースオンライン / 2015年12月20日16時00分

大体の流れはゲストキャラが権力やヤクザに殺害され、死ぬ間際に藤田まこと演じる中村主水たち仕事人に仇討ちを依頼。仕事人たちが個性的な殺し技で悪人どもを暗殺するというものです。中村主水のポジションは東山紀之が引き継ぎ、今でもスペシャル番組として1~2年に一度、2時間枠で新作が発表されています。 そして、今回の『必殺仕事人2015』はDVをテーマにしたストーリー [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】京本政樹、デンゼル・ワシントンに“仕事人”のお墨付き! 「僕の仕事人に近いものがある」

TechinsightJapan / 2014年10月16日20時25分

故・藤田まことさんから引き継いだ必殺仕事人シリーズで“組紐屋の竜”を演じた京本がデンゼル・ワシントン演じるUS版仕事人を厳しく採点した。 16日、東京・港区にて映画『イコライザー』の試写会前にイベントが行われ、俳優・京本政樹が日本の必殺仕事人の代表として、司会には赤ペン瀧川先生が登壇した。京本自身が作曲したという音楽に合わせてハット帽を目深にかぶり、ジーパ [全文を読む]

待望の『ぱちスロ 必殺仕事人』ついに参上!当たるゾ、激レア「必殺T」

週プレNEWS / 2014年07月24日19時00分

モチーフとなっているのは、中村主水(藤田まこと)のほかに組紐屋の竜(京本政樹)、花屋の政(村上弘明)らの活躍が記憶に残る『必殺仕事人V』。もちろん、マニアなら感涙必至の実写演出も満載だ。 そのうえ、ファンにはたまらないのがこのニュース。なんと今回の全国導入を記念して、必殺仕事人の世界観をストレートに、クールに、ポップに、ユーモラスに…様々な形で表現した「 [全文を読む]

京本政樹も参戦! パチンコ新台『必殺仕事人』が登場

日刊大衆 / 2017年05月22日09時05分

「今の自分と当時の藤田まことさんとCGで共演できて感慨深いものがありました」 京本も今回の撮影を振り返り、組紐ならぬ舌を巻いた。 さあ、懐かしさと新しさを体感できるニューマシン。気になる御仁は、ホールに出陣してみては!? (C)松竹・ABC (C)KYORAKU週刊大衆2017年05月29日号 [全文を読む]

関ジャニ・大倉忠義の人生を変えた大物俳優とは?

日刊大衆 / 2016年11月27日21時00分

そんな大倉の演技を見て、大御所俳優の故藤田まことが「大倉君、いいよ。君はカメラの向こうのお客さんの顔が見えている」と褒めてくれたことがあった。そのとき、大倉が藤田に“自分は時代劇が初めてだが大丈夫だろうか”と聞いたところ、藤田は「大丈夫だ」と太鼓判を押してくれ、そこから大倉は意識が変化。自分の出番ではないときでも、藤田の演技を見て勉強するようになったとい [全文を読む]

みのもんたと“裁判員制度”や“冤罪”について考える

Smartザテレビジョン / 2015年03月12日12時00分

泣き寝入りして潰れていく人たちの怨念は誰が晴らしてくれるのかっていうと、(主演の)藤田まことさんが出てくるんですよね。復讐は良くないですよ。復讐じゃなくて、被害者と加害者がいて、被害者だけが泣き寝入りするんじゃなくて、加害者にもそれ相応の責を負ってほしい。それが懲役10年、20年、死刑とあるわけでしょ。その辺は素直に考えてやらないと」と持論を述べた。 最後 [全文を読む]

フォーカス