生菓子 鶴屋吉信に関するニュース

超厳選お土産!京都駅で買いたくなる“カラフル和菓子”

Walkerplus / 2016年12月27日11時22分

お土産店が並ぶJR京都駅の八条口は、京土産の買い物ができるので超便利!数あるお土産の中でも、とびきりかわいくてカラフルな生菓子は、女子に喜ばれること間違いなし!そこで、迷わず手みやげに買って帰りたい、“カラフル和菓子”を紹介。京都観光を楽しんだ後は、京都らしい手みやげを買って帰えろう! ■ 和菓子の老舗が手がけるカラフル生菓子 200年以上の歴史を誇る、京 [全文を読む]

丸山敬太が1日伊勢丹店長に。ブランド20周年記念ランチパーティー開催

FASHION HEADLINE / 2014年10月20日11時45分

まず、開店直後には地下の食品フロアに赴き、ケイタマルヤマとコラボレーションした「京都 下鴨茶寮」の弁当、「鈴懸」のどら焼き、「鶴屋吉信」の生菓子をアピール。季節感や食材の色にもこだわることで、ケイタらしさを演出したという2段重の弁当を前にした際は、「見た目も色もばっちり。ぜひ多くの方に召し上がっていただきたい」と自信満々の表情を浮かべた。鈴懸のどら焼きに [全文を読む]

今年のスーパームーン、お月見のお供は、伊勢丹新宿本店からおすすめの、「ONLY MI」 期間限定の三越伊勢丹のオリジナルお団子で

PR TIMES / 2015年09月11日09時25分

【各日25点限り】 [画像3: http://prtimes.jp/i/8372/160/resize/d8372-160-577559-3.jpg ] ←〈鶴屋吉信〉名月(1個)/432円 お月見の際に里芋を供える習慣 になぞらえて、里芋の形に仕上 げた生菓子です。 [画像4: http://prtimes.jp/i/8372/160/resize/d8 [全文を読む]

市川アナも感激! 和菓子をおすしのように目の前で手作りしてくれる和カフェ

ぐるなび / 2015年03月25日17時10分

「お抹茶と季節の生菓子」(1296円 税込み)は時季によって生菓子の内容が変わる。この時の「晩菊」には、口溶けがよく抹茶にとてもよく合う「こなし」という素材が使われる。 市川さんは「晩菊」の出来上がりを見て「こうやって目の前で、作ってもらえるのってうれしい。感激!」とコメント。口にすると「あんがすごく滑らかで、おいしい! 甘さも控えめで、すごく食べやすい! [全文を読む]

京都駅で入手したい!華やかな新“和スイーツ”

Walkerplus / 2017年01月01日04時50分

■ 「鶴屋吉信」の「IRODORI(イロドリ)」(生菓子5個入り1404円)※京都限定品 200年以上の歴史を誇る、和菓子の老舗から2015年に誕生。ピンクや黄色などのカラフルなういろう生地には、粒あん、こしあん、白あんの3種のあんこが入っている。さらに、12~1月は柚子のういろう生地が登場! 【ウォーカープラス編集部】 [全文を読む]

お月見のお供は伊勢丹「ONLY MI」期間限定の和菓子!

Walkerplus / 2015年09月17日20時40分

鶴屋吉信「名月」(1個・432円)は、里芋の形に仕上げた生菓子。お月見の際に里芋を供える習慣になぞらえて作られた。 とらや「満ちる月」(ハーフサイズ330g・1944円)は、満月が山の稜線をなぞるように渡っていく様子を表現した羊羹。月部分の透明感が美しい。 ほかにも、花園万頭の「団子まんじゅう」(1本・389円)や、日本茶菓SANOAHの「焙じ茶のクリー [全文を読む]

今年は、3世代を意識 おばあちゃんには和風クリスマス!

PR TIMES / 2013年11月14日16時43分

● 鶴屋吉信 クリスマス生菓子(きよしこの夜・聖おじさん・サンタさんのおくりもの) 各525円 クリスマスをイメージして、クリスマスツリー、サンタさん、ブーツの形をした小さなお菓子を作りました。すべて、きんとんやあんこなど和菓子の素材でできています(写真の3種)。 ● 塩瀬総本家 「クリスマス和三盆」 840円 白雪をイメージした金平糖を敷き詰め、その上 [全文を読む]

フォーカス