日テレ 久野静香に関するニュース

寿引退した『NEWS ZERO』山岸舞彩キャスターが、日本テレビに“残したもの”とは?

日刊サイゾー / 2015年10月13日11時00分

その人気に目をつけた日テレが、破格のギャラで引き抜き、13年4月から、ホラン千秋の後任として、『NEWS ZERO』に移籍した。それは、所属事務所、本人の懐を潤すことに成功したが、すべてがうまくいったわけではなかった。 日テレ移籍に伴い、勘違いした山岸キャスターはミニスカ封印を宣言し、世の殿方たちを落胆させてしまった。その影響からか、視聴率的には“山岸効 [全文を読む]

辞めてどーすんの? 日テレ・上田まりえアナの今後が心配

NEWSポストセブン / 2015年11月28日07時00分

今回は、日テレを退社することを公表した上田まりえアナの今後を案じる。 * * *「辞めて何すんの?」とは、歌番組で電撃脱退と電撃退所を発表したKAT-TUNの田口淳之介に対し、バラエティ番組で共演している所ジョージが宝くじイベントで放った一言。 それとまったく同じ台詞を私は日本テレビの上田まりえアナウンサーに対して放っていた。自宅で…、勝手にだが…。 スポ [全文を読む]

美女アナ10人の“フリー”な私生活は受難だらけ?「マツコが認めた日テレ・上田まりえは退社でどうなる?」

アサ芸プラス / 2015年12月05日17時57分

日テレ局員が事情をこう明かす。「決定的になったのは、『NEWS ZERO』の後任争いで敗れたことです。フリーの山岸舞彩(28)が9月末で“寿降板”。当初は上田アナが引き継ぐ予定だったのですが、上層部が久野静香アナ(26)の将来性を買って抜擢したのです」 退社後は松竹芸能に所属する予定だが、芸能界で活躍できるのか。テレビ局関係者はこう語る。「フジテレビのカト [全文を読む]

最新!美女アナたちの派閥争いを生実況!「日テレは水卜麻美アナの”水卜会”が最大派閥だが…」

アサ芸プラス / 2015年10月17日09時57分

日テレ局員がこう解説する。「もともと水卜アナと徳島えりかアナ(27)がサシ飲みをしていたのが始まりでした。しだいに参加者が増え、杉野真実アナ(25)、郡司恭子アナ(25)、岩本乃蒼アナ(24)など若手メンバーが集まっています。夕方5時頃から大衆的な居酒屋やもつ鍋店で行われ、それぞれ担当番組が終わってから参加できるように終電まで宴は続きます。決まり事は基本的 [全文を読む]


元日テレの森麻季も! 巨人優勝の裏で奮闘した美女アナたち

週プレNEWS / 2012年10月07日13時00分

そうそう、当たり前ですけど、巨人の澤村拓一(ひろかず)投手と結婚した森麻季さん(元日テレ)も球場に来ていましたよ。局アナ時代と変わらず関係者入り口から入ってきて、日テレの取材陣と旧交を温めていました。ただ、知り合いの記者から何度も取材をされて困っていましたけど(笑)」 日本テレビに負けず劣らず華やかだったのがNHK。ロンドン五輪で注目を集めたフリーの山岸舞 [全文を読む]

民放各局の新人アナたちが続々デビュー。今年の注目は日テレの美女アナコンビ!

週プレNEWS / 2012年07月07日12時00分

夏目三久アナが昨年1月に退社して以降、日テレはスター不在でしたが、今後はかなり期待できますよ」 その言葉どおり、杉野真実アナは5月21日に『世界まる見え!テレビ特捜部』のMCとしていち早くデビューしている。内情を知る中堅局員が話す。 「日テレのアナウンス部は本当に人手不足なんです。次々と退社していることに加え、先日は馬場典子アナにスキャンダルが発覚してしま [全文を読む]

日テレ「水卜会」メンバー外の笹崎里菜「久野会」に鞍替えか

NEWSポストセブン / 2017年01月07日07時00分

会のルールは基本的に割り勘で、もうひとつあるとすれば、ひたすら水卜をヨイショすることぐらい(笑い)」(日テレ関係者) この日テレ最強、いや“女子アナ界最強派閥”に反旗を翻した猛者がいるという。『NEWS ZERO』の久野静香アナ(27)だ。 「久野は水卜会を脱退し、小熊美香(30)ら、報道の女子アナを集めて頻繁に食事会を開いている。それにすり寄るのが、ホス [全文を読む]

『プレバト!!』『モニタリング』、14%超を記録! TBS絶好調も苦しい「女子アナ」問題

サイゾーウーマン / 2016年09月12日12時45分

低調な月曜日や、視聴率にムラがある水曜日などを安定させ、さらに平日朝を改善させれば、日テレと十分に戦える布陣になるでしょう」(放送作家) だが、それでもTBSが躍進できない、ある致命的な理由があるという。「人気女子アナの存在です。例えばフジテレビにはかつて高島彩、そして加藤綾子という2大エースアナがいた。現在も生野陽子、山崎夕貴アナなどがいる。日本テレビに [全文を読む]

日テレ・笹崎里菜 銀座で培ったフェロモンテクがいよいよ全開!(1)笑点で小遊三師匠を相手に…

アサ芸プラス / 2016年04月11日05時57分

本格的ブレイクの予感が“確信”に変わったのは3月13日の日テレの看板番組「笑点」でのこと。レギュラー陣が、それぞれ日テレの若手女子アナとペアを組む「ペア大喜利」が放送された。 笹崎アナのペアは“泥棒顔キャラ”でおなじみの三遊亭小遊三師匠。他の出演女子アナは徳島えりかアナ(27)、中島芽生アナ(25)、杉野真実アナ(26)、久野静香アナ(27)、そして笹崎 [全文を読む]

リニューアルした日テレとTBSの深夜の報道番組 後塵拝す『NEWS23』の逆転は至難のワザ!?

日刊サイゾー / 2016年04月01日13時00分

春の改編期に当たり、深夜の報道番組『NEWS ZERO』(日本テレビ系)と『NEWS23』(TBS系)が3月28日にリニューアルした。 視聴率で上をいく『ZERO』は小幅な変化で、サブキャスターだった久野静香アナ(月~木曜)、杉野真実アナ(金曜)が「ニュース担当」に降格。代わりに、元NHK新潟放送局のアナウンサーで、獨協医科大学国際協力支援センター国際疫学 [全文を読む]

抜擢美女アナ20人の“縄張り争い”を一斉実況!(3)日テレ、TBSが夜ニュース帯に抜擢したのは?

アサ芸プラス / 2016年03月13日09時57分

わずか3年でNHKを辞めているだけにキャスターとしては未知数ですが、局幹部の期待値は高い」(放送担当記者) 民放局がNHKの「お下がり」を重宝するのは今に始まった話ではないが、「視聴率3冠の日テレでも、アナウンス部はしらけムード。そもそもテレビ局は制作費削減のためにタレントを使わず、社員の女子アナを多用する流れにある。『なのにウチの番組MCは外注ばかり。そ [全文を読む]

日テレ『NEWS ZERO』の新キャスターは無名の大学助教 その思惑とは?

日刊サイゾー / 2016年02月13日09時00分

日テレも、所属事務所(セント・フォース)も年度末まで勤め上げてほしかったのですが、本人が暴走してしまいました。急なことで年度途中ということもあり、日テレは後任に局アナを据えたわけです。しかし、久野アナでは地味すぎて、インパクトがありません。とはいえ、人気フリーアナを使って高額なギャラを支払うのは避けたいところ。そこで浮上したのが、報道キャスター経験があり、 [全文を読む]

日本テレビ『Oha!4』卒業の中田有紀の後任は若手局アナ“コスト削減策”鮮明に!

おたぽる / 2015年12月19日09時00分

フリーの立場ながら、2011年10月より、実に4年余にわたって同番組のMCに君臨し、“日テレの早朝の顔”として、世のオジサマたちから絶対的な支持を受けてきた中田アナの後釜が、キャリア不足の若手2人では、いささか役不足な感は否めないところ。 「視聴率が好調な日テレとて、『コスト削減策』の流れは他局と同様です。視聴率10%程度(ビデオリサーチ調べ、関東地区) [全文を読む]

水ト麻美アナ、後輩からの突き上げを食らい関ジャニ横山に別れを切り出した!?

アサ芸プラス / 2015年12月13日09時58分

その久野アナが水トアナに反旗を翻すように「久野派」を立ち上げて、日テレの女子アナはいまや分裂状態にあるのだとか。「これまで日テレを仕切っていた水トアナでしたが、食べて飲んで、スタッフの悪口や会社の不満だけを口にする姿に嫌気を差した久野アナが距離を置き始めた。そこに内定取り消し騒動の末、入社した話題の笹崎里菜アナが合流。さらには、普段から水卜アナをねたましく [全文を読む]

日本テレビ『Oha!4』の“お局様”中田有紀アナが結婚・妊娠の衝撃! 早くも注目される後任人事

おたぽる / 2015年11月13日19時00分

日テレといえば、『NEWS ZERO』の人気キャスターだった山岸舞彩さんが結婚・引退のため、10月1日で卒業。山岸さんの所属事務所(セント・フォース)は、複数の後任候補を同局に猛プッシュしたが、結果的に抜てきを受けたのは、金曜キャスターを務めていた局アナの久野静香だった。フリーキャスターを使わず、局アナに任せたのは、“コスト削減”が目的。 中田アナはある [全文を読む]

山岸アナ引退で後任の久野静香アナ。期待大も同僚がドン引きした男前な趣味とは?

週プレNEWS / 2015年09月20日06時00分

日テレ関係者が話す。 「大食漢といえば水卜麻美アナが有名だと思いますが、実は久野アナのほうがスゴい。肉と白米が大好きで、ある番組の打ち上げで焼き肉店に行った時は大盛りのご飯を3杯もペロリと食べていた。最近は体形がポッチャリしてきて、ご飯の量をだいぶセーブしているみたい(笑)」 局内ではプロレスファンとしても有名だ。 「入社2年目の時に小橋建太の引退試合を見 [全文を読む]

あの女子アナが初MC!日テレがWEBチャンネル開局

Smartザテレビジョン / 2015年09月19日15時37分

本日9月19日(土)深夜1時より20日(日)深夜1時までの24時間、「テレビじゃできないテレビの向こう側」をテーマに、日テレの若手クリエーター陣が、4つの日テレチャンネルをWEB上に作る。若者のテレビ離れ、動画配信サービスの相次ぐ開始など、テレビを取り巻く環境が加速度的に変化する中、昨年視聴率三冠王に輝いた日本テレビがWEB上で何を展開するのか。ネットでし [全文を読む]

日テレ女子アナ事情 馬場典子失脚で水卜麻美「我が世の春」

NEWSポストセブン / 2014年03月31日07時00分

そんな「派閥」だが、最大派閥の崩壊で混沌状態に陥ったのが日テレだ。 「長年、“お嫁さんにしたい女子アナ”として女子アナグループを束ねてきた清純派の馬場典子アナ(39)が、経費に関する疑惑を報じられてまさかの失脚。馬場アナと組んでいた古市幸子アナ(40)まで営業局に異動し、『馬場会』は風前の灯だった。そして、ついにこの3月で『ZIP!』を降板することが決まっ [全文を読む]

フジテレビ関係者「ウチにはスキャンダルも数字もない」と嘆息

NEWSポストセブン / 2017年01月12日07時00分

日テレでは久野静香アナ(27)が水卜麻美アナ(29)率いる“水ト会”に反旗を翻し“久野会”を開催。テレビ朝日では田中萌アナ(25)が不倫騒動を起こすもおとがめナシ。ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』が絶好調だったTBSでは吉田明世アナ(28)、林みなほアナ(26)と結婚ラッシュ。民放各局の女子アナ界は話題豊富に見えるが、その一方で──。 「ウチはスキャンダル [全文を読む]

フォーカス