スーダラ節 植木等に関するニュース

さあ一丁、ブワァーっと植木等だ!(1)「スーダラ節」の歌詞に激怒

アサ芸プラス / 2017年03月26日17時57分

そして昭和36年、6月に日本テレビで「シャボン玉ホリデー」が始まり、初シングル「スーダラ節」が8月に発売されると、クレージーと植木等の人気は国民的なものになった。〈鳥の鳴かない日はあっても『スーダラ節』を聴かぬ日はない〉 クレージーの構成作家であり、多くの作詞も手掛けた青島幸男がそう表現した。日本中の子供からお年寄りまで、誰もが手をブラブラさせながら「♪ [全文を読む]

役にはまった俳優らが楽しく歌い笑う 昭和レトロなエンターテインメント(NHK総合)

J-CASTテレビウォッチ / 2017年09月14日11時16分

しかも、「スーダラ節」など、歌唱シーンはご本人が歌っていたのでびっくり。かなり役作りしたのでは、と察する。 小松役の志尊淳も、あの癒し系イケメンが小松の親分さん??? と山本以上に驚いたが、こちらも、思ったほど悪くない。ほかにも、クレージーキャッツのメンバーもサイズ感など似たタイプを連れてきたようで、スッと物語に馴染んでいけた。たとえば、ガチョーンでおなじ [全文を読む]

山本耕史主演「植木等とのぼせもん」好発進10・2%「トットてれび」超え

スポニチアネックス / 2017年09月04日12時37分

小松政夫(75)の著書「のぼせもんやけん」を原案に「スーダラ節」や「無責任男」シリーズなどで時代の寵児となった植木さんと、彼の付き人兼運転手として働き、後に俳優・コメディになった青年・小松の師弟関係を、当時のテレビバラエティーや映画の熱気ある撮影風景をふんだんに交えながら描く笑いと涙のドラマ。 初回は「誕生 スーダラ節」。植木等(山本耕史)は半信半疑だっ [全文を読む]

山本耕史&志尊淳、“師弟関係”の役柄通して絆深まる

ORICON NEWS / 2017年09月02日07時00分

第一回では山本によって歌われた「スーダラ節」「無責任一代男」は本人と間違いそうになるほどの再現率で、普段の喋り方も植木さん独特のものと重なり、正直、驚かされた。歌録りでは「僕の声なんですが、『植木さんにもっと寄せていい』と言われたので、自分でもかなり寄せてます。だから芝居は寄せすぎずにできる。普段の植木さんの場面は自分の中でのイメージとそこまで寄せない、 [全文を読む]

山本耕史、植木等さん役に戸惑いも 「やり過ぎると物まねになる」

エンタメOVO / 2017年08月23日17時20分

第一話では、「スーダラ節」「無責任一代男」を見事に歌い上げたが「普通に僕が歌うのと声の出し方も発声も違う。最初の歌撮りの時に、ディレクターの方に『似せますか?』と聞いたところ『寄せられるだけ、寄せてください』と言われ、じゃあ、そこはそうしようと吹っ切れた」と明かしつつ、次は「顔もゴツさも違うのにどの程度寄せるのか…?」と新たな悩みが生まれたそうで「やり過ぎ [全文を読む]

「ミスド」CMの双子が「ザ・ピーナッツ」役! 山本彩らが昭和を代表する歌手に

CinemaCafe.net / 2017年08月14日20時15分

自身が歌う「スーダラ節」が、空前の大ヒットとなったのだ。植木とクレイジーキャッツはテレビや映画に引っ張りダコとなり、一躍スターに。それと同時に超過密スケジュールとなった植木に、付き人兼運転手がつくことになった。やって来たのは、博多から上京してきた松崎雅臣(志尊淳)というめっぽう元気な青年だった。撮影現場に同行した松崎は、植木やリーダーのハナ肇(山内圭哉)、 [全文を読む]

SEBASTIAN X、「春告ジャンボリー」会場&通販限定シングルで「スーダラ節」をカバー!?

okmusic UP's / 2014年03月28日19時00分

4月19日(土)に日比谷野外大音楽堂 にて「TOKYO春告ジャンボリー」を開催するSEBASTIAN Xが、会場&通販限定シングル「スーダラ節/春になったら会いにきて」のリリースを発表した。 【その他の画像】SEBASTIAN Xシングル収録1曲目は、世紀の大スター植木等を生み出すきっかけになった昭和の大流行歌「スーダラ節」のカバー。かねてよりVo.永原真 [全文を読む]

『植木等とのぼせもん』で、山本耕史の明るい無責任男っぷりが炸裂!

週刊女性PRIME / 2017年09月08日20時00分

師弟の絆、家族愛、仲間同士の友情だけでなく、『スーダラ節』はじめ、誰もが愛した昭和のヒット歌謡、劇中で再現する人気バラエティー番組のコントなども楽しめる斬新な作りになっている。原案は小松政夫、植木等を山本耕史が演じる。 制作の経緯について、佐野元彦プロデューサーは、こう話す。 「私にとって、植木さんは“レジェンド”。いつか植木さんと父上の物語をドラマ化した [全文を読む]

山本耕史、植木等ボイスに苦戦「やりすぎるとモノマネに…」 伊東四朗から太鼓判

ORICON NEWS / 2017年08月23日12時59分

劇中で昭和を代表するコメディスター・植木等さんを演じた山本は第1話で早くも「スーダラ節」「無責任一代男」を熱唱。この収録から撮影はスタートし、ディレクターからは『寄せれるだけ寄せて』とリクエストがあったという。「そこは吹っ切れた感じで。ただ、顔もごつさも違うので、どの程度寄せるか、やりすぎるとモノマネになってしまうのでバランスが難しかった」と振り返った。 [全文を読む]

NHKドラマに、山本彩&鈴木愛理“仲良しコンビ”が参戦!

ザテレビジョン / 2017年08月15日08時00分

スーダラ節」や「無責任男」で時代の寵児(ちょうじ)となった植木等(山本)と、付き人兼運転手として植木を支え続け、後に小松政夫として活躍する松崎雅臣(志尊淳)。師弟以上の強い絆で結ばれた2人が、激動の昭和を駆け抜ける。 本作の見どころの一つが、当時のテレビバラエティーや映画の、熱気ある撮影風景の描写だ。今回、その重要なシーンを彩るキャスティングが発表され [全文を読む]

山本耕史の清潔感が真面目な植木等にぴったり 病室に鉢植えの胡蝶蘭は大ポカ 〈植木等とのぼせもん 第1回〉(NHK総合)

J-CASTテレビウォッチ / 2017年09月07日12時00分

植木等(山本耕史)はお寺の長男だったのにミュージシャンになって、「とんでもない歌詞のスーダラ節」を歌えとオファーが来て悩む。父の植木徹誠(伊東四朗)は親鸞の言葉にもある歌詞だといって引き受けろと勧める。これが大ヒット。植木は超売れっ子、過労でぶっ倒れる。付き人兼運転手の松崎雅臣(志尊淳)がやってくる。 めっぽう面白いが、1か所が大トチリだ。植木が入院してい [全文を読む]

ドラマ『植木等とのぼせもん』今夜スタート...差別と戦争に反対し、治安維持法で逮捕された父・植木徹誠のことは描かれるのか?

リテラ / 2017年09月02日18時30分

このドラマは、植木の付き人を務めていた小松政夫の自伝的小説『のぼせもんやけん』(竹書房)を原案とした作品で、映画『無責任』シリーズや「スーダラ節」で一世を風靡した時期の植木等とそのまわりの人々の人間模様を描くドラマだ。 山本耕史が植木等を、浜野謙太が谷啓を演じてクレージー映画のカットを再現したり、『シャボン玉ホリデー』(日本テレビ)の再現シーンでは、NMB [全文を読む]

【インタビュー】「植木等とのぼせもん」山本耕史「歴史上の人物とも架空の人物とも違う難しさがある」志尊淳「小松さんが持っている熱いものを表現できれば」

エンタメOVO / 2017年09月02日15時32分

小松政夫の自伝的小説『のぼせもんやけん』を原案に、「無責任男」を演じ、「スーダラ節」などで知られた昭和のスター植木と、彼の弟子兼運転手となり、「親父さん」と慕いながら成長していく小松との師弟関係を描いた物語。本作で植木を演じた山本耕史と、小松役の志尊淳が撮影の合間に心境を語った。-オファーを受けた時の気持ちを教えてください。山本 自分が植木さんを演じると聞 [全文を読む]

山本耕史&志尊淳、役への重圧告白 ドラマで“師弟関係”<植木等とのぼせもん>

モデルプレス / 2017年08月23日13時21分

作中では『スーダラ節』など数々の楽曲のほか、“ハナ肇とクレージーキャッツ”としてコントを披露するシーンも。山本は「やり過ぎるとモノマネにしているみたいで怖い。喋り方も挑戦でしたね」と言い、「伊東(四朗)さんが『似ていたよ』と言ってくれた」と安堵していた。 志尊は、この日の会見で小松本人の隣に着席しており、緊張の面持ち。「大スターでご存命の方を演じるのは初 [全文を読む]

武田玲奈、船を下りて昭和の美容師に!

ザテレビジョン / 2017年08月10日22時00分

スーダラ節」や「無責任男」で時代の寵児(ちょうじ)となった植木等(山本)と、付き人兼運転手として植木を支え続け、後に小松政夫として活躍する松崎雅臣(志尊淳)。師弟以上の強い絆で結ばれた2人が、激動の昭和を駆け抜ける。 「マジで航海してます。」では、外航船員を目指す女子大生を好演していた武田。今回は一転、美容院で働き、ある人物との恋の気配も漂わせる女性・ [全文を読む]

MステウルトラFESで石原裕次郎らの貴重映像を公開

Smartザテレビジョン / 2016年09月16日05時01分

石原の「BEYOND THE REEF」、植木の名曲「スーダラ節」の他、54年前に公開された映画「上を向いて歩こう」(日活/'62年)から坂本の歌唱シーンなど貴重な映像を大公開する。 石原は、'87年7月17日に亡くなる半年前の1月9日にハワイからの衛星生中継で「ミュージックステーション」に出演。これが生涯で最後のテレビ出演となった。今回は、その時に披露 [全文を読む]

長澤まさみは酔うと下ネタ!? 美女芸能人「酔いどれエピソード」

日刊大衆 / 2017年06月26日17時05分

家族から捜索願が出されちゃったんです」 その昔、植木等は大ヒット曲『スーダラ節』で気がつきゃホームのベンチでゴロ寝~、と歌ったが、まさか夏菜が同じことを! さらに、「ワインを一人で1日に1~2本空けますね。酔っ払って(自宅の)植木鉢に突っ込んだこともあります」と語るように、酒量もハンパじゃない。 毎年6月に誕生会をするのが恒例になっているのは長澤まさみ(3 [全文を読む]

氷川きよし、“未練”歌うニュービジュアル公開!

Smartザテレビジョン / 2016年05月25日13時21分

そして昭和の名曲のカバーでは、今回あの大喜劇王であり名俳優、植木等さんの『スーダラ節』に挑戦させていただきました。聴いて楽しく遊び心のある曲で、今も別の意味での自由はあるけど本当に自由でのびのびしていて、“昭和は良かった”と思わせてくれるような作品です。このほか、古賀メロディーから『酒は涙か溜息か』『新妻鏡』、股旅演歌の名曲『次男坊鴉』、千昌夫さんの『望郷 [全文を読む]

1000人アンケート!“本当にテレビで見たいお笑い芸人”(2)「“やすきよ”のコンビ芸をもう一度見たい」

アサ芸プラス / 2016年01月10日17時57分

「何といっても植木等の軽快なスーダラ節が最高! 仕事がうまくいかなくっても『サラリーマンは気楽な稼業』と思って気を紛らわした」(青森県・無職・72歳) もちろん、植木だけでなく、他のメンバーも人気絶大。「谷啓の『ガチョーン』は、今でもマネするくらい大好き。正月のかくし芸大会では、銅像姿のハナ肇がメタクソにイジり倒されるのが最高だった。今はイジメを助長すると [全文を読む]

植木等×マイコーよりもシンクロ!66種類の映画ダンスシーンと「アップタウン・ファンク」のマッシュアップ【動画】

AOLニュース / 2015年12月08日12時00分

ちなみに、"シンクロ"といえば、数年前から話題になっていた「マイケル・ジャクソンのスリラーと植木等のスーダラ節の高いシンクロ率」の動画も再び脚光を浴びている。https://youtu.be/JGf_gs2320o <関連動画はこちら>https://youtu.be/OPf0YbXqDm0 <関連動画はこちら>■12月のAOL特集ハリウッドスター達も昔は [全文を読む]

フォーカス