米大リーグは開幕から2カ月以上がたち、昨オフのフリーエージェント(FA)市場の目玉といわれていた2投手の移籍先がやっと決まった。アストロズで2015年に20勝を挙げてサイ・ヤング賞に輝いた左腕、ダラス・カイケル(31)はブレーブスと1年1300万ドル(約14億円)で合意。レッドソックスの抑えとして昨季42セーブをマークして世界一に貢献したクレイグ・キンブレル(31)は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング