【江尻良文の快説・怪説】“王予言”猶予あと1年… 日本ハム・清宮、どん底から脱出できるか

夕刊フジ / 2019年7月19日 17時10分

プロ入り2年目の日本ハム・清宮幸太郎(20)と早実・清宮福太郎(1年)が“愚兄賢弟”ぶりで明暗を分けた。弟の福太郎が17日に行われた西東京大会初戦に「6番・左翼」で公式戦初出場。先制の2点タイムリーを含む2安打1盗塁で勝利に貢献。スポーツ4紙(東京版)の1面を飾った。一方の兄の幸太郎は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング