【江尻良文の快説・怪説】ソフトバンク・工藤監督“悪夢再び”の危機 真価問われ、去就問題まで浮上の可能性

夕刊フジ / 2019年7月22日 17時15分

一時は独走態勢で2年ぶりのV奪回間違いなしの勢いで、フロント首脳も浮かれ気味だったソフトバンク。「工藤監督の留任?当然でしょう。100%どころか、120%やってくれているんですから」と明言していたが、“2016年の悪夢”悪夢再びの大危機に直面している。春先に主砲・柳田が左膝裏側肉離れで長期離脱したのが象徴的で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング