写真

相変わらずの貧打に、矢野監督の悩みは深い(夕刊フジ)

阪神は13日、中日相手に延長12回0-0のドロー。8安打しながら12残塁、3併殺と拙攻が目立ち、投手陣の踏ん張りに応えられなかった。矢野燿大監督(50)は試合後、チグハグな攻めを「チームとしての責任であり、俺の責任もあるだろう」と陳謝。中日との今季対戦成績は6勝12敗1分(残り6試合)となり、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング