日本ハム・輝星、来季の課題は“脱・オラオラ系” 「トレンディーエース」西崎氏から激励メッセージも

夕刊フジ / 2019年12月9日 17時10分

ルーキーイヤーは消化不良に終わった、日本ハム・吉田輝星投手(18)。2年目の課題は“脱・オラオラ系”だ。8日に都内で行われた日本ハムのOB会・懇親会に出席した吉田は、なにやら窮屈そうだった。「今年1年でスーツがだいぶ小さくなってしまって…。座ったときとか肩周りとかが特に」。プロ生活で筋肉量が増え、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング