阪神「感染第1号」大本命だった! 外出規制ユルユル、歓楽街やパチンコ店に出入りする球団関係者も

夕刊フジ / 2020年3月28日 17時15分

阪神は27日、藤浪晋太郎投手(25)に続き伊藤隼太外野手(30)、長坂拳弥捕手(25)がPCR検査の結果、新型コロナウイルスに感染したと発表した。超人気球団が一気に3人も感染者を出した影響は計り知れない。阪神の揚塩健治球団社長(59)は「このような事態になりましたことを大変重く受け止めております」と謝罪。すでに長坂は入院していたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング