阪神・藤浪ら“疑惑のパーティー”クラスター化 球界“ロックダウン”危機! 一部では「阪神戦ボイコット論」も

夕刊フジ / 2020年3月30日 17時15分

軽い気持ちで参加した食事会が、球界に広げる波紋はあまりに大きい。阪神・藤浪晋太郎投手(25)、伊藤隼太外野手(30)、長坂拳弥捕手(25)が新型コロナウイルス陽性と診断された問題。3人を含む阪神の7選手が参加したパーティーから、同席女性に3人目の感染者が出て集団感染の疑いが強まっている。それでも12球団が定めたガイドラインに従い、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング