今秋ドラフト危機で「プロ志望トライアウト案」 センバツ中止、練習も視察できずスカウト悲鳴

夕刊フジ / 2020年4月9日 17時20分

全国に広がる新型コロナウイルスの脅威は、プロ入りを目指す高校球児の未来にも暗い影を落とす。春の甲子園など公式戦が中止、部活動も自粛でアピールの機会が失われる中、ドラフト候補生たちに希望を与える妙案が持ち上がっている。「ドラフトがやばいです。センバツの中止だけでなく、予定されていた春季県大会や地区大会なども軒並み中止。大きいのは強豪校同士の練習試合もほとんどが中止か延期になっている」。そう視察機会の激減を嘆くのは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング