ボーア満塁弾!“バースの地縛霊”克服なるか 阪神助っ人砲への重すぎるプレッシャーの歴史

夕刊フジ / 2020年7月6日 17時20分

阪神は5日の広島戦(マツダ)で快勝。今季初の2連勝を飾った。その立役者は、つい先日まで“悩める主砲”だった新加入のジャスティン・ボーア内野手(31)=前大リーグ・エンゼルス。来日初の勝ち越し満塁弾をたたき込み、チームを初のカード勝ち越しへと導いた。開幕から18打席無安打と苦しみ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング