【江尻良文の快説・怪説】ソフトバンク・千賀に重なる“悲運のエース”の影

夕刊フジ / 2020年7月8日 17時20分

故障のために出遅れたソフトバンクのエース・千賀が、予期せぬ首位に立つ楽天叩きに七夕の7日、今季初登板した。が、岐路に立たされているという意外な声が起こっている。自己最速タイの161キロを計測し、5回、4安打、4与四球、6奪三振の3失点で初勝利。今季は待ったなしの正念場だ。昨オフに巨人が山口俊のポスティングでのメジャー入りを認めたために、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング