阪神“ズッコケ助っ人”続出 再昇格ガンケルが1試合も投げずに2軍落ち

夕刊フジ / 2020年7月15日 17時25分

今季超異例の“助っ人8人体制”を敷いた阪神に、またも暗雲が立ち込めている。12日に再昇格したばかりのジョー・ガンケル投手(28)が14日の試合前練習中に腰の張りを訴え、登録抹消された。 ガンケルは6月24日のヤクルト戦(神宮)に先発し、4回3失点KO。中継ぎとして戻ってきたが、1試合も投げずにUターンする緊急事態だ。 14日のヤクルト戦(甲子園)は6-3で逆転勝ち。今季19試合目にして初めて最下位を脱出したが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング