ピエール瀧被告の「精神的依存」を懸念…丸山ゴンザレスが語るコカインのヤバさ 裏に南米犯罪組織の存在

夕刊フジ / 2019年6月19日 17時11分

コカインを摂取したとして、麻薬取締法違反の罪に問われたミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)に、東京地裁は18日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。世界の危険地帯を歩き、ドラッグ事情にも詳しいジャーナリストの丸山ゴンザレス氏はコカインが本当に「ヤバい」事情を明かし、瀧被告の「精神的依存」に懸念を示している。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング