写真

関東軍作戦課員だった辻氏(夕刊フジ)

ノモンハン事件(1939年)を戦ったのは関東軍である。「泣く子も黙る関東軍」といわれ、優秀な将校が集まっていたのに、なぜ負けたのか、ということになる。陸軍は明治以来、ソ連を仮想敵国として研究を重ね、ソ連と戦う訓練だけを続けてきたにもかかわらず負けた。よくいわれるのは、「東京の参謀本部と、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング