博多金塊強奪事件の主犯格が波紋を呼ぶ手記発表 「宮迫博之とのツーショット写真」にも収まっていた人物

夕刊フジ / 2019年11月15日 17時11分

福岡・博多で白昼堂々、金塊が強奪された事件。あれから3年が過ぎたいま、主犯格として逮捕・起訴された男が手記を発表、波紋を広げている。題して「半グレと金塊博多7億円金塊強奪事件『主犯』の告白」(宝島社)。“伝説の半グレ”と呼ばれ、吉本興業の闇営業問題で謹慎中の宮迫博之(49)とのツーショット写真にも収まっていた人物だ。いまなぜ口を開くのか。その真意は-。◇同書は10月末に発売され、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング