写真

スマホの地図アプリにも利用されているGPS(夕刊フジ)

日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)のレバノンへの逃亡をはじめ、保釈中の被告が逃げ出す事案が相次いでいることを受けて、全地球測位システム(GPS)装着の議論が急浮上している。ただ、「付けたら安心」というわけでもないのが実態だと専門家は指摘する。ゴーン被告をめぐっては、弁護団が保釈の条件としてGPSの装着を申し出たが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング