【マンション業界の秘密】危うい不動産取引が横行 「未来の不良債権」を増大させる超低金利

夕刊フジ / 2019年7月23日 17時7分

私は東京23区と川崎市内で販売される新築マンションの現場をほぼすべて見て回っている。数カ月前に、山手線の内側のある場所で「これは好立地だな」と思える現場を見た。売主は急成長中の準大手有力デベロッパー。ところが、3カ月後にオフィシャルページをチェックすると、その物件がなくなっていた。業界ではよくある「専有売り」かと推測。つまり他のデベロッパーに事業ごと売ってしまうのである。年に何回も見かけないほど好立地だったので、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング