最近の定年制度に絡む大きな変化は、2013年の高年齢者雇用安定法の一部改正で65歳までの雇用責任が事業主に義務付けられたことだ。一方で、社員側は60歳で定年退職するか、そのまま継続雇用で働き続けるかの選択肢を得た。このため各社のあちこちで定年退職か、雇用延長かで社員間で話し合うことが増えた。年度末に定年を迎える2人と私を含めた5人が居酒屋で話し合ったことがあった。Aさんは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング