山田邦子の“独立騒動” くすぶる火種…古参幹部もサジ

夕刊フジ / 2019年6月18日 17時13分

所属事務所への不満をSNSであらわにし、独立騒動が噴出したタレント、山田邦子(59)。先日の会見で早期の独立は否定したものの、いまだに火種はくすぶり続けているという。山田は、長唄の名取となった「杵屋勝之邦」の披露公演に事務所スタッフが1人も来なかったと自身のブログで不満をつづった。これを事務所の後輩である有吉弘行がラジオ番組でネタにしたことで退社や独立まで取り沙汰されることに。だが5月21日に行われた芸能生活40周年公演の公開稽古の場で「事務所と話し合っている最中」とし早期の独立は否定。芸能リポーターは語る。「邦子さんには自身をスターに押し上げてくれた先代社長に比べ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング