【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】前代未聞!所属レコード会社から告げられた“絶縁” トラブルの責任を社長が放棄

夕刊フジ / 2019年11月13日 17時13分

「彼女は、この業界に置いてはいけないアーティスト」20年前の1999年11月12日。この一言が芸能界に波紋を広げた。この発言の「彼女」とは日本の歌謡界で“歌姫”と呼ばれてきた歌手の中森明菜。発言の主は当時、明菜が所属していたレコード会社「ガウスエンタテインメント」の社長だ。「記者会見で記者や芸能リポーターの前で何もためらいもなく突然に言い放ったわけですから当然、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング