【生誕100年 世界のミフネ伝説】羅生門 「わけが分からん」から大絶賛! ベネチアでの大評判に永田社長“手のひら返し”

夕刊フジ / 2020年7月8日 17時18分

日本映画史に燦然と輝く記念碑的作品だ。ベネチア国際映画祭で金獅子賞を、第24回アカデミー賞で名誉賞などを受賞。黒澤明監督と三船敏郎を世界的に押し上げたからだ。これ以後、三船には海外からのオファーが殺到したが、国内の映画を優先した。原作は芥川龍之介の有名な短編小説「藪の中」と「羅生門」を橋本忍が脚色。人間のエゴイズムを追求した名作だ。戦乱が続く平安の京都は疫病も流行し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング