【「反日」文政権への反撃】憎しみしか生まない、韓国の「対日ヘイトアクション」 日本製品たたきこわし、東京五輪を揶揄し妨害で…日本人の心に怒り

夕刊フジ / 2020年7月1日 17時21分

昨年12月、川崎市でヘイトスピーチ禁止条例が可決された。最高50万円の罰則を伴う条例は「条例制定権」逸脱の疑いがあり、日本人だけが処罰される規定も納得しがたい。そして、何より罰則という猿ぐつわをかませて、「ヘイト」を無くすという発想そのものに問題があるのではないか。筆者自身、「ヘイトスピーチ」と称される言動は全面的に否定する。しかし、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング