自殺したソウル市長の悪質セクハラ実態 下着姿の写真を送り、体触り、膝にキス… 

夕刊フジ / 2020年7月15日 17時16分

自殺した韓国・ソウル市の朴元淳(パク・ウォンスン)市長をめぐる騒動が同国内で続いている。セクハラ被害を受けたとして告訴した元秘書の女性の弁護士らが13日記者会見し、4年以上もの間、抱きかかえたり膝にキスをするなどの行為があったと明らかにした。 会見によると、セクハラは市長の執務室やその寝室で行われ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング