【食と健康 ホントの話】「知覚過敏」の放置は禁物! スポーツドリンクの飲み過ぎも原因?

夕刊フジ / 2019年6月24日 17時11分

虫歯や歯周病以外の口腔内のトラブルで多いのが知覚過敏だ。冷たいものや甘いもの、歯みがきなどの刺激を受けると、ピリッとしたりズキーンとしたりする。正式名称は「象牙質知覚過敏」。歯の内側にある象牙質が、何らかの理由で外部にさらされると起こる。知覚過敏というだけで歯科医に行く人は少ないだろう。しかし放置していると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング