60代で急に血糖値が高くなり、2型糖尿病と診断されることがある。「食生活に注意していたのになぜ?」。その背後に、膵(すい)がんが潜んでいることがあるのだ。「血糖値をコントロールするホルモンの一種・インスリンは、膵臓で分泌されます。膵がんによって細胞が破壊されてインスリン分泌量が減少すると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング