【コロナ禍が心を蝕む その実態と対処法】家に閉じ込められると人はどうなるか? 在宅仕事でもオンとオフは分ける

夕刊フジ / 2020年6月2日 17時16分

コロナ自粛が明け、「新しい日常」が提唱されているが、「心の病」はまだまだ増加しそうだ。精神科医の吉竹弘行氏に、医師でジャーナリストの富家孝氏が聞く。◇--「新しい日常」と言っても、元に戻るわけではなく、自粛生活の延長です。となると、「心の病」も、なかなか収まりませんね「そうですね。コロナうつ(鬱)やコロナ神経症の患者さんはますます増えていくと思います。欧米ではロックダウンで家に閉じ込められている状態が続いて、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング