【膵臓がんをあきらめない】膵臓がんの根治は夢ではない 手術ができるまで腫瘍を小さくする術前補助療法

夕刊フジ / 2018年12月12日 17時1分

★(1)膵(すい)臓がんは、がんと診断された患者のその後の生存率が最も低いがんとして知られる。理由は、膵臓は胃と大腸の裏、背骨の前という奥まった場所にあり、初期にがんを見つけにくい上に進行も早く、かなり悪くなってから見つかることが多いためだ。国立がん研究センターは今年9月に、がんの3年生存率を初めて公表した。それによると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング