【「腎不全」から身を守れ】20年後の腎不全を回避する「50代での予防・改善」 メタボ放置は危険

夕刊フジ / 2019年3月18日 17時16分

★(3)加齢や生活習慣病により、腎機能は無症状で徐々に低下してゆく。国内の慢性腎臓病の患者数は約1330万人。腎臓は人間が生きていく上で不可欠な臓器ゆえに、機能が失われた「腎不全」の状態では人工透析治療が必要になる。その患者数は33万人を超え、新規患者数は右肩上がりに伸び続けている。「人工透析治療開始の年齢のピークは75歳から80歳です。加齢に伴い腎機能は低下しますが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング