【定年後の居場所】多様化する「無職」という表記 超高齢化時代で生じる「きしみ」

夕刊フジ / 2019年7月24日 17時11分

「なぜ新聞はいちいち、高齢者に『無職』とつけるのかね。事件や事故に関わり新聞に名前が出たら、自分も『無職』と書かれるんだろうな」という出だしで始まる新聞のコラム記事があった。早期退職を選び自由になった60代の男性が、無職というのは、何かしら「居心地が悪い」とぼやくというのだ。そのコラムによると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング