【吉田茂という反省】「韓国問題」解決の機会を生かせず 訪日した李承晩をほぼ無視…激怒した李は「反日」徹底

夕刊フジ / 2019年6月12日 17時11分

★(1)評論家で近現代史研究家の阿羅健一氏との対談本『吉田茂という反省』(自由社)を出版した。そこで詳しく語り合っているのだが、吉田茂という政治家は実に「でたらめな首相」だった。「大宰相」といわれているけれど、調べればいかにひどいかが、すぐに分かる。あまり知られていないが、吉田首相時代に、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング