「イージス・アショア」調査ミス、居眠り…防衛省「背広組」タガ緩み 軍事アナリスト・小川氏「実にお粗末だ。『信賞必罰』実施を」

夕刊フジ / 2019年6月25日 17時11分

防衛省・自衛隊の不祥事が続いている。陸上自衛隊宮古島駐屯地(沖縄県)で地元に十分な説明もなく弾薬保管をしていたのに続き、陸自新屋(あらや)演習場(秋田県)では地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備に関する説明資料の誤記が発覚した。防衛省内局の「背広組」のタガが緩みきっているとの指摘もある。軍事アナリストで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング