「桜を見る会」波紋…野党は“ブーメラン直撃”覚悟で徹底追及 予算急増、安倍首相夫妻を囲む「前夜祭」も標的

夕刊フジ / 2019年11月13日 17時6分

安倍晋三首相が主催する「桜を見る会」について、立憲民主党や国民民主党、共産党などの左派野党が批判を強めている。首相の地元支援者が多数、招待されていた「国費私物化」疑惑があるとして、12日には合同追及チームを立ち上げた。桜を見る会は旧民主党政権でも開催されており、夕刊フジは「地元支援者らを招待していた」という元政策秘書の証言を得た。左派野党は「ブーメラン直撃」覚悟で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング