サッカー東京五輪代表“本当の弱点”はOA枠 FW大迫以外は「空っぽ」状態

夕刊フジ / 2020年1月22日 17時10分

サッカー東京五輪代表の“本当の弱点”はオーバーエージ(OA)枠にある。森保一監督(51)が「2月に欧州視察にいく」と明言しているのも、そのためだ。タイで行われたU-23アジア選手権で惨敗した森保ジャパンだが、日本協会・関塚隆技術委員長は、選手招集で「現場にもとても迷惑をかけた」と異例の謝罪。OA枠については「少し頭を空っぽにさせてください」と話すにとどめた。五輪のOA枠には24歳以上の選手を3人まで登録可能だが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング